人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今日の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・ファラフェル
パリへ行ったら1回は食べに行くファラフェルのサンドウィッチ




プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“4区”で
3区と共にコジャレたシックな区です


元々は今は最高裁判所となっている王宮に近いことから
貴族の館や王侯貴族の用を足すための貴金属商などが集まった地区。
現在残っている貴族の館などは美術館博物館などになっており
また貴金属を扱うのがユダヤ人が多かったということもあり
シナゴークやユダヤ人街もあり独特の雰囲気がある地区です



パリ・ノートルダム
こちらも住所的には4区




パリの中心シテ島のシンボル:ノートルダム寺院は住所的にはこの地区


もちろんノートルダム寺院といえばこの正面からの姿や
内部から見るバラ窓などが有名ですが
私的には裏の公園や遡るルートのセーヌ川クルーズなどで見える
裏側からのノートルダム寺院の姿が好きです


またそこからサン・ルイ島に渡り
今は日本のデパートにも入っているし
パリでもそこらかしこに店があるロクシタンや
パリっぽいアクセサリー屋やビンとかもかわいいスパイス屋のウィンドーを
ベルティヨンのアイスクリームを食べながら覗くのもヨシです(


またポンピドゥーセンターなどもあり見所多しそんな地区です




教室・ユダヤ
なんかピタパンの写りが美味しくなさそう~コレ出来合いのものだけれど意外に美味しかったです(

教室・NY風チーズケーキ1
これも残りものの家使いのものの写真で・・・いまいちだね・・・



ユダヤ(ジューイッシュ)料理は奥が深い
流浪の民だけあって世界中がルーツの料理を取り入れていった感が
今回はファラフェル(中近東系)
揚げナスの酢漬け(地中海系)
チョレント(東欧系・グヤーシュみたいな感じ)
NY風チーズケーキ(NYのジューイッシュ・デリ発祥)




どうぞプラン・ド・パリコースをお楽しみに





レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2012.06.03 Sun l プランドパリ(パリ20区) l コメント (2) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・パレロワイヤル
最近フランス革命についていろいろ読み直しているんですが
この場所(パレ・ロワイヤル)で歴史が動いたんだな~って 





プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“1区”で
いろんな意味で中心の区です


パリ発祥のシテ島(厳密には半分が1区)と
その北側(右岸)を含む地区ですが
観光で訪れても宿泊、食事、観光、買い物などなどで
足を踏み入れること間違い無しの地区です



パリ・ルーブル
ガラスのピラミッドももう見慣れた風景ですね 20年くらい経ってるハズだもの~




この地区の観光の目玉と言えば
やはりルーブル美術館がお約束なのかなって


美術がお好きな方はもちろん
歴史が好きな方も前身が王宮であったのでエピソード多しですし
建築に興味がある方にも各時代一流の増改築の名残の香り()があり
いろいろな意味で興味がつきない場所です


サロン・ディーオが初めて訪れたときは
まだガラスのピラミッドも無かったし
今のリシュリュー翼には大蔵省が入っていて美術館じゃなかったし
モナリザも美術館唯一前にロープはあったけど
ガラスとかなしの裸のままの展示だったような


その時一番感動したっていうか印象に残ったのは
ルーベンスのマリー・ド・メディシスの生涯を描いた連作
オルセーにあるルノワールを旅の目的のひとつと
思っていた10代のサロン・ディーオでしたが
もうすでに歴史オタク入っていたところもあったので
ルーベンスの重厚さと神話などに重ねた絵の内容にヤラれたって感じに(
展示も今みたいに電気煌々じゃなくて
自然光というか薄暗かったから余計荘厳な感じがしたのかも
(とはいうものの20年以上昔の記憶だから勝手な思い込みが入っているかも・・・です)



他にも見所多しの地区です



そんなプラン・ド・パリコースをお楽しみに





レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.27 Mon l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・鶏丸焼き
20区と全く関係ないけど、パリの仮宿での簡単夜ご飯 
(レストランで食事するのって面倒くさいときってありますよね~、って無いかな?)
お肉屋の前で回ってる鶏の丸焼きって結構イケるんですよ





プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“20区”で
雑多な庶民のちょっと古臭い下町って感じの20区です(?)


オスマン男爵の“パリ大改造”時に
パリに組み込まれた区です。

メジャーな観光名所とかはあまりないけれど
第2次世界大戦後~60年代頃のフランスの映画や
音楽などの題材や舞台になった場所なので
トリュフォー、ドアノー、シュバリエ、ピアフの
世界がお好きな方には嬉しい風景が
今も広がっている区です


またこの区の成り立ちを
地理、経済、政治などの必然からみると
とてもおもしろいですよ
クラスではそんなお話も(笑)



昔、サロン・ディーオは住所は11区だけど
通り挟んで20区っていう場所に滞在していたときがあったのですが
なんだか地方都市の街中イメージがあったかな?
う~ん、イメージ伝わるかな???

え~と、どっかのんびりしてるっていうか
言い方悪いけど“普通”っていうか
悪い意味じゃないんですけど・・・
観光とかでパリのアパート暮らし体験でだったら
ちょっと消化不良って感じだけど
いろいろ多方面考慮に入れて生活するんだったら
リーズナブルかなっていうか





結局あまり褒めてないようだけど
悪いところじゃないですよ。
若干物価は安いし気軽な店が多いし。
サロン・ディーオがミーハースノッブ好みっていうだけなので・笑



そんなプラン・ド・パリコースをお楽しみに





レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2010.04.24 Sat l プランドパリ(パリ20区) l コメント (2) トラックバック (0) l top
先月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・マジェンタ
この先の方が19区
実はサロン・ディーオも通り抜けばかりで足を留めたことはほとんど無し





プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“19区”で
フランスのマイナスイメージの社会問題の舞台でもあります。


ガイドブックでは“足を踏み入れないでおきましょう”とあり
確かに様々な要因から社会的弱者から抜け出せない
若者の暴動の舞台などでニュースを賑わすことも多いですが
国家プロジェクトとして未来をイメージして整備された
科学、音楽、映画関連などの集まった施設や
安くておいしい庶民的な昔ながらのビストロなども


でもサロン・ディーオ
CDG空港へのタクシーでの通り抜けとか
サン・マルタン・クルーズやラ・ヴィレットとか以外は
あまり知らない土地であるのも確か(涙)


観光で訪れることはほとんどないと思うけれど
もう少し前の時代にここで採掘された石が
どこへ行ったかとかおもしろい話もいくつかあるので
お楽しみに


お教室のメニューは
今はもうフランス料理って感の北アフリカ料理です。


今年の冬は“タジン”が大流行でしたね
スペイン、プロヴァンス、イタリア、ギリシャ、トルコなど同様
地中海料理の特徴が出ていますが
またこの地域特有の調理法や味付けなどで
このタジンやクスクスなど楽しんでいただきます
でもサロン・ディーオは
クスクスって3口目で飽きるんだけど・・・






レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
露出を多くしたいので皆様よろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2010.04.05 Mon l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
忘れないうちの(?)アーカイブス・シリーズ

溜まりに溜まった写真、クラスのご案内、エピソードなど
通常のアップとともに“アーカイブス・シリーズ”として
少しずつアップしていこうと思ってます♪

よろしくお願いします♪


===================


さて、クラスの最終章としまして
1月2月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・ムーランルージュ
懐かしいムーランルージュ モノプリやクイックも健在




プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


2010年1月はプラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:17区
周辺の区に影響されていろいろな顔を見せる街です

2010年2月はプラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:18区
モンマルトルに代表される芸術の街です



17区は観光的には主だった名所はあまりありませんが
滞在してみるといろいろな雰囲気のある面白い区です

そして18区はサロン・ディーオにとって
とても懐かしい区です
今回1~2月のフランス旅行では
久しぶりにこの辺りをゆっくり歩いてきました。
そのうちブログにもアップしますね

お楽しみに



レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
皆様どうぞどうぞよろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2010.03.27 Sat l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
やっと先月分をアップし終わって今月分にたどり着けました♪
“毎日更新!” この調子でがんばりますよ~(オッーーーー!)



==================


今月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です



パリ・アパルトマン
以前、短期借りした16区パッシー近くのアパルトマンの中庭 マンション



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月はプラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:16区
BCBG(ボン・シック・ボン・ジャンル)と
紹介されるパリジャンが住む街です


住宅探しの場合、パリ留学のガイドブックなどには
高級住宅地で安全と記されることの多いこの区ですが・・・

サロン・ディーオの感想では(誰も聞いてないかしら?
駐在の家族などで住むには良いと思いますが
若い1人暮らしなどの場合には却って危険かも・・・かな?

なぜなら金曜の夜とかに仲間と盛り上がって
深夜に最終メトロやバスもしくは歩きで帰った場合

高級住宅地ならではの静けさ←目撃者がいない
高級住宅地ならではの緑の多さ←植え込みに引きずり込まれる
などなど意外に結構事件が多いんです。

屋根裏部屋などステュディオはお手頃なので
ガイドブックなどにお勧めとかあるんですけれど
サロン・ディーオ的には夜遅くまでやってる
カフェとかレストランがあって人通りが多い
もうちょっとガチャガチャした地区の方がお勧めかな。
そう思うよね?Hさん?

もちろん夜は部屋で予習復習の真面目な方には
良い環境で住みやすいと思いますよ(笑)


また星付きレストランだけではなく
エレガントなサロン・ド・テや
シックな雑貨屋さんなども多くある地区です。

観光で訪れても素敵な街並みを
充分に堪能できると思いますよ

建築に詳しい方なら興味深い
様々な建築様式の建物にも出会える
この地区の歴史的成り立ちなども踏まえて
お話させていただきます。
お楽しみに



レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
皆様どうぞどうぞよろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2009.11.18 Wed l プランドパリ(パリ20区) l コメント (2) トラックバック (0) l top
先月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です



*プラン・ド・パリコースは約2年間のコースですが
 先行していた1つのクラスが終了しましたので
 これからは後発のクラスの進行状況で
 ブログ記事を進めていきます。
 したがって今月は“15区”がテーマです


前回の記事はコチラ→



パリ・シトロエン
シトロエンのHPから引用・・・いいのかな
若い頃、車には全く興味ないけれど、この型のボルドーと黒のコンビには
少し心惹かれました(笑) まぁマニュアルですから早々に諦めましたけどね




プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“15区”で
こちらの説明は前々々月?(8月)の記事へ→再びGO!


住みやすい街とパリジャンを魅了している
この15区には大小様々な公園がたくさんあります

特に有名なのはアンドレ・シロトエン公園。
元々はシトロエンの工場の跡地にできた公園です

パリの最南西端にあるので人気の観光地というよりは
パリ市民の憩いの場という感が強い場所ですが
気球に乗ってパリの街を見下ろすサービスが売りですので
“高いところへ登るのがお好きな方”には良いかも・・・です(笑)


お教室のメニューは
午前中にマルシェに行って
パリジャンたちがランチに食するイメージです。

手軽な食材で簡単にできるんだけど
少し気が効いているというか
おしゃれなお皿を意識しました

上手くいったかな




レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
露出を多くしたいので皆様よろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2009.11.15 Sun l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
先月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です



*プラン・ド・パリコースは約2年間のコースですが
 先行していた1つのクラスが終了しましたので
 これからは後発のクラスの進行状況で
 ブログ記事を進めていきます。
 したがって今月は“14区”がテーマです


前回の記事はコチラ→




NY・ロダン
こちらMOMAからいただいたので小さく貼り付けておきます
怒られるのかな(怖)




プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“14区”で
こちらの説明は前々月(7月)の記事へ→再びGO!


この区はサロン・ディーオにとっても
懐かしい場所がいっぱいある思い出深い区です


写真のロダン作の寝巻き姿のバルザックの
銅像があるVAVIN(ヴァヴァン)の交差点辺りは
有名カフェが集まっている場所でもあり
また近くの語学学校へ通っていたこともあり
サロン・ディーオにとって馴染みが深い場所です


厳密に言えばVAVINを通る
モンパルナス大通りの両側で
6区と14区に分かれるから
銅像の住所は6区なんだけど・・・ま、いいか



彫刻は複数鋳造できるせいか
上の写真をいただいてきたNYのMOMAで
見慣れたバルザックと出会ったときには
吃驚したものでしたよ


でも世界のMOMAのは本物(生前鋳造)だろうけれど
VAVINの交差点のはコピー(死後鋳造)かも?
この辺り詳しい方がいらしたら教えてくださいませ♪



ル・ドーム、ラ・ロトンド、ル・セレクト、ラ・クーポールなどなど
いろいろな友達たちとカフェやお食事などしたものですよ
楽しかったな♪♪♪


こんなサロン・ディーオの思い出話も交えながら
この区のお話をさせていただいています




レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





性懲りも無くブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
露出を多くしたいので皆様よろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2009.10.05 Mon l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です



教室・コルドン
またこの地区のデジカメ写真がなくてアップロードファイル
昔この区にある料理学校に通っていたときのレシピを取り出してきてカメラ




===============

思いっ切り(!)言い訳なんですが
自分で旅行に出かけ始めて何もかもに心が動いた
若かりし頃は世の中普通のカメラだったんですよ(涙)
(↑コレってなんて言うのかな?フィルムカメラ・・・かな?)

デジカメが普及しだした頃には
カメラは一応は持ってはいくんですが
パリなどの街でシャッターを切ることはほどんど無く
初めての旅行先とか友達や知り合い(圧倒的に室内)
との写真しか無いんですよ(泣)

ですので言い訳なんですが
ブログでの関連写真に四苦八苦なんです(呆)
普通の写真のデジタル化は
たぶんやったら簡単なんでしょうけれど
説明書読むのがかなり億劫・・・・・で
もうしばらくお待ちくださいませ(願)

===============



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“15区”で
この地区はおいしくてリーズナブルな
(合理的なパリジャン達にはここ結構ポイント!)
パン屋、チーズ屋、ハム屋、お惣菜屋など多く
住みやすさ抜群の人気の区です
もちろん他のパリ外周の区と同様広さがあるので
その他にもいろいろな顔がある区です。

サロン・ディーオ
この区に住んでいた知り合いが多かったので
足を踏み入れること多しの区でした。

そういえば思い出したけれど(記憶は曖昧・涙
どちらの方もどういう経路で
お知り合いになったか忘れてしまったけれど
そうは言っても接点は名古屋の仏語学学校ぐらいだと(?)
クラスメートではなかったはずだったような・・・

パストゥール(15区)に住んでいる人(日本人女性)
プラスディタリー(13区)の人から家具を買ってその運搬の手伝いを
なぜかブリュッセルから車で遊びに来た人(日本人男性)
サロン・ディーオが頼んだ記憶が甦ってきました。

でも今もそんなことあったなっとは思い出したけれど
それにしてもどっちの方とも
どこで知り合ってなんでそういう運びになったか
その方達の名前や顔も思い出せません(歳かな・汗)

もしこのブログを読んでくださっている方で
このエピソードに思い当たる方は
ご一報ください。旧交を温めましょう
読者数めっちゃ少数のブログですから
ありえませんけれど・・・ね・笑


サロン・ディーオの個人的な話は置いといて
その他いろいろお楽しみに



レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
露出を多くしたいので皆様よろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2009.08.05 Wed l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
今月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です



教室・モンパルノ
またまた適当なデジカメ写真がないので急遽関連書物でゴマカシです本



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“14区”で
まだ世に認められず貧しかった
ピカソやモディリアーニなどエコール・ド・パリの画家達
ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど
ドル強しを背景にしたロスト・ジェネレーションの作家達
また革命を機にパリで一旗上げようとした
バレエ・リュスに関係したアーティストやパトロンヌ達
1920年代を中心にたぶんパリが
文化的に一番パッションがあった時代に興味がある人には
外せないモニュメント多しの区です。

またフランスで学究生活を過ごす方が滞在する
この区の端にある大学都市(シテ・ユニヴェルシテ)
スイス館、アメリカ館、日本館などなどあり
サロン・ディーオも初めてパリの夏期講座に通ったときには
ここのモナコ館に滞在しました
学食(安かろ~××かろ~かな?)図書館(立派!)
一般人も参加できる講座や各種イベントなどもあるので
滞在型の若者には面白いかも

比較的広い区なので
その他にも見所多しですし
もう少し前の時代のお話も。



レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングにチャレンジしてます絵文字名を入力してください
露出を多くしたいので皆様よろしくお願いいたしますぅ~ポチ↓
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいですjumee☆faceA80




ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2009.07.31 Fri l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top