上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日の料理教室(マ・ファミーユ、毎日の家庭料理コース)の様子です


教室・おせち2008
2008年11月のマ・ファミーユコースのメニュー


毎年12月は全コースクリスマスメニューなので
11月のマ・ファミーユ(毎日の家庭料理)コースでは
おせち”メニューをご用意してます。

2008年11月のおせちメニュー:
コハダの粟漬け、みぞれ酢和え
伊達巻
海老と青紫蘇のクラッカー揚げ
さわらの西京焼き
信田雑煮、白味噌仕立て
二色きんとん


どのメニュー
材料を吟味し、手間やワザをかければ
料亭レベルのおせちにもなりますし
(南天とか松葉とか掻敷(飾り物)を使うと一気に雰囲気がでてきますよ~♪)
上手に手を抜いたり、便利なものを利用したりしても
我が家のおせちとして満足な仕上がりになります。


教室・信田雑煮
お揚げのなかに、おもちなどを入れて出汁で煮含めてあります


サロン・ディーオでは
せっかく料理教室に通っていただいているので
来た甲斐があると思っていただけるレベルの
手間やワザを学んでもらいつつ
そうかといって、年賀状も書かなきゃいけないびっくり
大掃除もしなくちゃいけない焦る3
忘年会やお仕事収めの宴会もしなくちゃいけないビール

という皆さまのために、上手な手の抜き方
使い勝手のいい便利商品などを
お知らせしています。

今年のお正月にお試しください


スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l マ・ファミーユ(家庭) l コメント (2) トラックバック (0) l top
料理教室マ・ファミーユコース(毎日の家庭料理)の紹介です


教室・韓国料理
高麗人参茶でお手軽“参鶏湯”など。韓国料理がテーマの回のメニュー。



このコースは毎回いろんなジャンルの料理をご紹介します。
フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、エスニックなどなど
基本的には前菜、メイン、デザートの3コースを学んでいただいています。
但し和食、中華などの場合は品数が増える傾向にあります。

毎回新規更新のコースですのでいつからでも始めていただけますし、
いつまででも続けていただけます

クラスはMAX6名で皆さまご一緒に全コースを仕上げます。
最初に料理の説明をして、調理、お食事という流れで3時間ぐらいです。



料理・パエリヤ
テーブルが賑やかになる海の幸のパエリヤ。手前はプレーンなスパニッシュオムレツ
スペイン料理がテーマの回のメニュー。



フレンチに比べて毎日のお食事で
手軽にご利用できるレシピが多いようで、
皆さまご家庭での再現率が高いようです

料理はいくらでも手を抜くこともできますし、手を掛けることもできます。
もちろん手を抜くためにインスタントものなど代替できるものや
星付きレストラン、料亭のような手間の掛けかたもご紹介しますので
皆様のライフスタイルに合わせてお試しください

2008.11.29 Sat l マ・ファミーユ(家庭) l コメント (2) トラックバック (0) l top
料理教室プラン・ド・パリコース(パリ20区廻り)の紹介です


教室・かぼちゃのヴルーテ
胡麻風味の牛肉のロール、かぼちゃのヴルーテ
パリ7区のメニューのアントレ。



このコースは全22回通しでパリ20区(2回はクリスマスメニュー)を廻りながら
その区のイメージに合ったオリジナルメニュー(前菜、メイン、デザート)をご紹介します。

クラスはMAX6名で、レシピはお渡し説明しますが
パリの各区のレクチャー、お食事という流れで
調理にはご参加いただかず3時間ほどのコースです。

レクチャーではA4サイズのレジュメをご用意して
パリ各区の名所、建造物、美術、歴史、カフェ、
レストラン、素敵な通りなどを説明します。
ご旅行の参考にもしていただけます


パリ・アベス
昔この先に住んでいました。今はアメリの舞台として有名なのかな。


こちらではパリ各区のイメージに合わせたオリジナルメニューですので、
フランコジャポネ(和食に影響されたフレンチ)あり、ヴェトナム風あり、北アフリカ系ありです。

料理はいくらでも手を抜くこともできますし、手を掛けることもできます。
こちらでは少しがんばる日のディナーレベルのレシピをご用意してます。
もちろん手を抜くためにインスタントものなど代替できるものや
星付きレストランのような手間の掛けかたもご紹介しますので
皆様のライフスタイルに合わせてお試しください

2008.11.28 Fri l プランドパリ(パリ20区) l コメント (2) トラックバック (0) l top
料理教室トゥール・ド・フランスコース(フランス料理紀行)の紹介です


教室・鶏のシェリー風煮込み
この地方の郷土料理の安価版(笑)、鶏のシェリー風煮こみ
フランシュ・コンテ地方のメインメニュー。



このコースは全24回通しでフランス各地方の
郷土料理(前菜、メイン、デザート)をご紹介します。

クラスはMAX6名で、レシピはお渡し説明しますが
各地方のレクチャー、お食事という流れで
調理にはご参加いただかず3時間ほどのコースです。

レクチャーではA4サイズのレジュメをご用意して
各地方の地理、歴史、文化、観光スポットなどを説明します。
ご旅行の参考にもしていただけます



アルザス・リル
アルザス地方の三ツ星レストラン。ソムリエ大会優勝経験のあるソムリエが薦める
ワインとのマリアージュを楽しむのも旅の醍醐味



こちらではフランスの郷土料理とはいっても
近くで手に入れられる食材で料理できるアレンジレシピです。

料理はいくらでも手を抜くこともできますし、手を掛けることもできます。
レベルは少しがんばる日のディナーレベルのレシピをご用意してます。
もちろん手を抜くためにインスタントものなど代替できるものや
星付きレストランのような手間の掛けかたもご紹介しますので
皆様のライフスタイルに合わせてお試しください

2008.11.27 Thu l トゥールドフランス(地方) l コメント (4) トラックバック (0) l top
料理教室フレンチプルミエコース(おもてなしのフレンチ)の紹介です


教室・メカジキのロッシーニ風
カリカリのオニオンフライがポイントのメカジキのソテー、ロッシーニ風
オペラの後の夜食がテーマの回のメインメニュー。


このコースフレンチの基本を踏まえたうえでより自由にフレンチをご紹介します。
レストランなどでもよくお目見えする馴染み深い前菜、メイン、デザートの3コースを
学んでいただいています。

毎回新規更新のコースですのでいつからでも始めていただけますし、
いつまででも続けていただけます

クラスはMAX6名で皆さまご一緒に3コース仕上げます。
最初に料理の説明をして、調理、お食事という流れで3時間ぐらいです。


教室・メレンゲ
とっても簡単なメレンゲのお菓子
ポテなど煮込み料理のあとのデザートメニュー。


料理はいくらでも手を抜くこともできますし、手を掛けることもできます。
こちらでは少しがんばる日のディナーレベルのレシピをご用意してます。
カルパッチョ風軽いラグーなどのメニューは
毎日のお食事にも簡単にご利用いただけると思います。
もちろん手を抜くためにインスタントものなど代替できるものや
星付きレストランのような手間の掛けかたもご紹介しますので
皆様のライフスタイルに合わせてお試しください

2008.11.26 Wed l フレンチプルミエ(おもてなし) l コメント (0) トラックバック (0) l top
料理教室フレンチデビュタントコース(はじめてのフレンチ)の紹介です


教室・ローストビーフ
お鍋で作る少人数用のローストビーフ、ベアルネーズソース添え
ソース(2)の回のメインメニュー。



このコースは1年12回通しでフレンチの基本をご紹介します。
ブイヨンやフュメなど出し汁や代表的なソースなどをテーマに
前菜、メイン、デザートの3コースを学んでいただいています。

基本のコースなのでどうしてもクラシカルなフレンチになってしまいますが、
1年を通していただきますとフレンチのイメージを捉えていただけると思ってます。

クラスはMAX6名で皆さまご一緒に3コース仕上げます。
最初に料理の説明をして、調理、お食事という流れで3時間ぐらいです。


教室・レモンスフレ
美しく立ち上がるテクニックがポイントのレモンスフレ
たまごの性質を学んでいただく回のデザートメニュー。



料理はいくらでも手を抜くこともできますし、手を掛けることもできます。
こちらでは少しがんばる日のディナーレベルのレシピをご用意してます。
もちろん手を抜くためにインスタントものなど代替できるものや
星付きレストランのような手間の掛けかたもご紹介しますので
皆様のライフスタイルに合わせてお試しください

2008.11.25 Tue l フレンチデビュタント(基本) l コメント (0) トラックバック (0) l top
ボニーの紹介です

ボニー・フォアグラ
フォア・グラとフランボアーズ・ソースのカナペの前に“待て”のボニー
もちろんバゲットの端切れしかもらえません。(



2003年1月7日生まれの現在5歳、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの男の子です。

ボニーが我が家にやってきたのは2003年の4月9日。
コリンのおしっこシートなどを買っていたお店で見かけたのがボニーでした。
この“犬を迎える”という話についてはまた改めて後日に記したいと思います。

性格コリンの絶対的“おにいちゃん”に対して、ボニーは完全な“おとうと”気質。
コリンと朝のご挨拶をしていると“ボクをお忘れじゃありませんかぁ~”と飛んできます。
子犬のときおもちゃを破壊して食べてしまったことがあったので制限していたせいか
実はコリンほどおもちゃに興味が無いのにコリンが遊んでいたら
ボクも!ボクも!どうしてボクにはくれないんですかぁ~”と自己憐憫系の面白い子です

病歴はほとんど無しで入院は去勢手術のときだけです
ドックフード時代は血液検査でコレステロール値がよく引っかかっていたのですが
胡麻を意識的に取るようになってからは落ち着いてます。
歯は質があまり良くないようなので歯磨きをがんばらねばいけないみたいです。

ボニーが我が家へやってきたことによって犬それぞれに個性があるということを知りました。
当たり前のことだけどコリンボニーと暮らす前は考えもしなかったことでした。
これからそんなあれこれを記していきたいと思ってます。
どうぞよろしくお願いします


2008.11.24 Mon l ボニー l コメント (0) トラックバック (0) l top
コリンの紹介です

犬・コリンの誕生日
2008年のコリン(左)のお誕生日。メニューはフレッシュトマトの豆腐ファルシ、
いろいろ野菜のスープ、小松菜のフラン、千切り野菜の牛肉巻き・ヨーグルトソース、
子羊とモッツァレッラ・トマトソース。ボニー(右)も一緒。



1999年7月27日生まれの現在9歳、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの男の子です。

人間に換算すれば残念なことにもう立派な“おかまのおっさん涙ですが、
しかし人生初めて一緒に暮らすことになった犬コリンは私にとって“永遠の王子キラキラ

今も毎日“どうしてこんなにかわいいのかな~”とか
ラファエロの天使みたいだよね~”と「取り扱い注意」残念な人となってます。

コリンが我が家にやってきたのは2000年の1月30日。
実は売れ残りの子でしたが、このことについてはまた改めて後日に。

性格は穏やかでお散歩で出会うお友達にも友好的ですが、
広く浅くお付き合いするタイプで独立心旺盛なクールなヤツです。
また気分が乗ったときにはおもちゃで遊ぶのが大好きです

病歴は1歳8ヶ月頃から皮膚病で心配しましたが、
今はアレルゲンもほとんど特定できるようになり上手くつきあえるようになりました。
また昨年8歳になった9月には後足にしこりが見つかり摘出手術をしました。
術後の病理検査で“繊維肉腫”という悪性の癌だと判明。
今回は筋肉への癒着だけでマージンもしっかり取ってもらったので安心ですが、
癌が出来やすい体質かもしれないので検査は欠かせないなと改めて思いました。

コリンと出逢って今まで知らなかった世界と出逢いました。
それらをまたおいおい記していきたいと思ってます。
どうぞよろしくお願いします

2008.11.23 Sun l コリン l コメント (0) トラックバック (0) l top
はじめましてサロン・ディーオです。

まずは自己紹介

フランス語学留学
という遊学(笑)を経て、現在アトリエで料理教室を開いています。

教室・フィンガーフード
2008年7月のメニュー。種類が多かったので大変でしたが、
出来上がりに皆さま満足してくださいました


趣味は読書かな。伝記や歴史小説などノンフィクション系が好きです。
絵画なども色彩の妙や構図なども然ることながら、その絵の描かれた歴史的、
社会的背景や作家の思惑などに興味を惹かれます。
旅行に行っても風景の美しさなども素敵だとは思いますが、
歴史的人物がここにいたんだな~とか想う方がグッときたりします。

そして最大の関心事は我が家の王子
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのコリンボニーの幸せです。

犬・ラデュレ
パリ土産ラデュレのマカロンは昔からコリン(左)のお気に入りですボニー(右)も大好きです。
(撮影のため1つずつテーブルに置いてありますが、実際はちょっとしかあげてません)


これからお料理のことや料理教室の様子、
そしてコリンとボニーのことを中心にあれこれ記していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

2008.11.23 Sun l 自己紹介 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。