人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今月の料理教室(プラン・ド・パリ、パリ20区廻りコース)の様子です




パリ・パレロワイヤル
最近フランス革命についていろいろ読み直しているんですが
この場所(パレ・ロワイヤル)で歴史が動いたんだな~って 





プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回パリの1区~20区の1つずつを学んでいきます。


今月のテーマは“1区”で
いろんな意味で中心の区です


パリ発祥のシテ島(厳密には半分が1区)と
その北側(右岸)を含む地区ですが
観光で訪れても宿泊、食事、観光、買い物などなどで
足を踏み入れること間違い無しの地区です



パリ・ルーブル
ガラスのピラミッドももう見慣れた風景ですね 20年くらい経ってるハズだもの~




この地区の観光の目玉と言えば
やはりルーブル美術館がお約束なのかなって


美術がお好きな方はもちろん
歴史が好きな方も前身が王宮であったのでエピソード多しですし
建築に興味がある方にも各時代一流の増改築の名残の香り()があり
いろいろな意味で興味がつきない場所です


サロン・ディーオが初めて訪れたときは
まだガラスのピラミッドも無かったし
今のリシュリュー翼には大蔵省が入っていて美術館じゃなかったし
モナリザも美術館唯一前にロープはあったけど
ガラスとかなしの裸のままの展示だったような


その時一番感動したっていうか印象に残ったのは
ルーベンスのマリー・ド・メディシスの生涯を描いた連作
オルセーにあるルノワールを旅の目的のひとつと
思っていた10代のサロン・ディーオでしたが
もうすでに歴史オタク入っていたところもあったので
ルーベンスの重厚さと神話などに重ねた絵の内容にヤラれたって感じに(
展示も今みたいに電気煌々じゃなくて
自然光というか薄暗かったから余計荘厳な感じがしたのかも
(とはいうものの20年以上昔の記憶だから勝手な思い込みが入っているかも・・・です)



他にも見所多しの地区です



そんなプラン・ド・パリコースをお楽しみに





レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ


サロン・ディーオ個人的には
トゥール・ド・フランス”コースとともに一押しのコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.27 Mon l プランドパリ(パリ20区) l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今月の料理教室(フレンチプルミエ、おもてなしのフレンチコース)の様子です




教室・サーモンアスパラガス
簡単なんだけどちょっとステキにみえるでしょ 



今月2011年6月のメニュー
うっとうしいこの季節の週末ランチに
いっそのことグリーンとかの色つきグラスで
白ワインと共に合わせて頂きたいようなメニューです
ナニソレ?ワケワカンナイ!



2011年6月のメニュー
サーモンとアスパラガスのガトー仕立て
鶏もも肉のポアレ、トマトのバルサミコ酢ソース
砂糖漬け生姜とカスタードのタルト




教室・砂糖漬け生姜
大人のお菓子って感じでサロン・ディーオとしてはいいもの思いついたと割りと気に入ってます
とはいうものの人間考えることなんてたかが知れているのでどっかにはあると思うけれど





メニューを考えるときにいつも思うのは
季節感、作業工程のバランス、過去のメニューと重複しないかなど
もちろん予算なども考慮しますがその辺りは飾り物などで調節を


たとえば上の生姜のカスタードなども
いちごのドライフルーツとか
今の季節ならバラのジャムとか
花びらのシロップ漬けなどと組み合わせたら
もっとフォトジェニックになると思うけれど
それらは予算の関係上口頭でのサジェスションのみ(ごめんね~



メインはソースについて学んでいただきたいメニュー
トマトのバルサミコ酢ソースといっても
まずは3通りのソースが考えられます(もちろんもっともっとバリエーションはあるけれど
①温かいバルサミコ酢ソース+火の入ったトマト
②温かいバルサミコ酢ソース+フレッシュなトマト
③冷たいバルサミコ酢ソース+フレッシュなトマト
冷たいバルサミコ酢ソース+火の入ったトマトも
 選択肢にあるハズだけれど勝手にサロン・ディーオの好みで無し・笑
 あまり違いがでない感じがするんだよね~



上記の3つのソース基本的には同じソースなんだけれど
季節によって変えたら同じお皿に変化がでると思うんです
たとえば寒い季節ならば濃厚な①のソース
今の季節ならばまったりソースにフレッシュなトマトで
口当たりさっぱりと②のソースとか
そしてもっと暑くなったら③の酸味がパンッと来るソースとか


同じ食材でも先月のテクスチャーを変えるじゃないけれど
参考記事と思ったけれど記事UPしてなかったわ・悲
 サーモン、じゃがいも、チーズのデクリネゾンのこと

火の入れ方などを変えただけで変わってきます


料理ってやっぱり食べたいものを作るのが一番おいしい
温かいもの、冷たいもの、パンチがあるもの
あっさりしているもの、歯ごたえがあるもの
喉ごしがいいものなどなど・・・
その要求に臨機応変に答えるために
始めはレシピ通りでもそのレシピなどを
自分の頭の中の引き出しに貯めていって
自分のものにしていってくださいね


そんなお手伝いができれば
サロン・ディーオはとても嬉しいです





サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.24 Fri l フレンチプルミエ(おもてなし) l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



すみません!
またもやお久しぶりです!




で・では6月の料理教室の内容のご連絡です




ケータリング・クロ
暑くなってくるとさわやかな柑橘系のジュレがおいしくなってきますね~



フレンチ・デビュタント(はじめてのフレンチ)コース:ソース(1)
ホタテのブルターニュ風
コトリヤード
レモンと蜂蜜のミル・クレープ



フレンチ・プルミエ(おもてなしのフレンチ)コース
サーモンとアスパラガスのガトー仕立て
鶏もも肉のポアレ、トマトのバルサミコ酢ソース
砂糖漬け生姜とカスタードのタルト



マ・ファミーユ(家庭料理)コース:イタリアン
セロリとトマトとモッツァレッラのサラダ
ほうれん草入りラザニア
フリット・ミスト
ブルーベリーのスムージーとヨーグルトムース



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:1区

祝!お申し込みがありました
ウェイティングの方もご一緒24日夜のクラス開講です
(ご興味のある方是非!と思いましたがUPが遅すぎて・・・)
1区からのスタートです関連記事はコチラ→
リンク先にも書いてあるとおり
文字通りパリの中心地で観光などの要でもある地区です
パリをご旅行された方なら
この地区に泊まったり、食事したり、お茶したり
買い物したり、見学したり、デジカメに風景を収めたり
などなどご記憶があるんじゃないかな
是非お楽しみに
本当に勝手にサロン・ディーオ的に自画自賛なのですが
地方料理と共にとても面白いコースだと思っています
パリとかフランスに興味がある人旅行を予定している人
留学を計画している人・・・いいと思うんです(
サロン・ディーオはお1人からのクラスでもいいんですが
レクチャーのクラスはお仲間がいたほうが楽しいような気が・・・
今がチャンスです(営業してるでしょ


ご興味がございましたら是非右のフォームからお問い合わせください


トゥール・ド・フランス(フランス紀行)コース:シャラント地方

関連記事はコチラ→
リンク先でも書いてあるとおり
日本での観光地としての知名度は低めですが
おいしい食材が多くとてものんびりしていてよい地方です
大西洋で取れた魚介類に
豊かな土地を背景においしい乳製品が豊富なので
魚介のホワイトソース系が好きな方には最高です(
この組み合わせノルマンディーが有名ですが
このシャラントも負けず劣らず両雄並び“立つ”です
是非、お楽しみに




では今月もよろしくお願いしますクローバー



ご興味がございましたらお気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.23 Thu l 今月のメニュー l コメント (2) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



先月の料理教室(トゥール・ド・フランス、フランス地方紀行コース)の様子です




パリ・ストレー
パリの老舗惣菜屋+パティスリーの“ストレー”のババ・シャンティ
ルーツはロレーヌ地方 (う~ん、ポーランド?




トゥール・ド・フランス(フランス地方紀行)コース
レクチャー+お食事のクラスです。
毎回フランスの各地方の1つずつを学んでいきます。



先月のテーマは“ロレーヌ地方”で
先々月のアルザス地方の隣のフランスの北東の地方です



こちらもアルザス地方やシャンパーニュ地方と同じく
3,4年前にフランスの新幹線TGV東線が開通し
2007年6月10日開通
パリからも近くなった地方です



ここもまた歴史的に面白い
ここがフランス(王家)の領土となったのには
ポーランドのお国事情(ポーランドの勉強まで出来て一石二鳥?)
マリア・テレジアの結婚(奇跡の恋愛結婚!)
ヨーロッパの各国々の牽制や思惑などなどが交差する
めっちゃ興味深いエピソード満載です


この地方といえば出てくるのが
上の中心人物、元ポーランド傀儡国王だった
スタニスラス・レクチンスキー公
政治的には残念だったこの方ですが
美食家で芸術を愛する運がいいのか悪いのか
わからない面白い生き方をした方でした(


今多く残されているこの人に関わるお菓子
そしてこの地方の中心地ナンシーに残されている
この人が建てた建物や広場は世界遺産にも登録されています。


またナンシーはエミール・ガレ生誕の地であり
アール・ヌーヴォー発祥の地なので
人気の観光都市でもあります




いつもなら“お楽しみに”と〆るんですが
これは5月のクラスのお話・・・(
事後報告ってことで(





レクチャーで時間を割くために
皆様とともに調理する時間が取れませんが
レシピをお渡ししますので
ご家庭でチャレンジしてくださいませ
ご近所のお店で手に入る材料で調理するアレンジ地方料理です



地理や文化や歴史が料理に影響することを学んでいただくと
レストランでのお食事がより楽しくなるかもしれませんよ(



サロン・ディーオ個人的には
プラン・ド・パリ”コースとともに一押しのレクチャーコースです。



サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。





ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです

2011.06.03 Fri l トゥールドフランス(地方) l コメント (2) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



またまた昨日の予告通り週末ランチ@アフターねずみの国の様子です




ペニンシュラ・シャンパン
私:ベリーニ 友人:ミモザ バブル世代なので
キールロワイヤルだったらもっと完璧かしら(




とにかく朝から晩まで
ねずみの国を満喫するミッションだった今回
泊まりもねずみの国
月曜のケータリングのことも気になりつつ
東京素通りも・・・ってことで
(あとねずみの国を素直に楽しめるか
疑問だったのでお楽しみ欲しさもあって)
東京駅近辺でランチろうとなりました


で、予約を入れたのが
ペニンシュラのヘイフンテラス
雨降りだしタクシーでINしたんですが
香港のペニンシュラのイメージがあったので
ファーストインプレッションは“えっ、コレ?”


ハード系は少しひかえめ感を否めないでしたが
ソフト系はやはりある程度以上のホスピタリティー
車寄せの方、グッジョブでした
またヘイフンテラスのサービスの方も
左利きの私にすぐに気がついてさりげなく
2皿目からはお箸やカトラリーの位置を
全て左利き用に並べ直してくださいました


昨日に引き続き珍しくお料理の写真を全部撮ったので
ドンドンいきますよ~
ちなみに飲み物は
私:ベリーニ、カレラのピノ・ノワール(何年かな?グラスだし若かった)
友人:ミモザ、シャブリ(こちらもグラス)
2人で1本いけないな~って意見が一致したので。
年取ったのかな~



ペニンシュラ・前菜
點心と焼き物入り盛り合わせ前菜


くらげが肉厚でおいしかったですよ。
鴨のローストもよかったし豚肉の香りがよかった
あれはお茶系かな~


ペニンシュラ・スープ
蟹肉と冬瓜入りふかひれスープ


写真用にレンゲを右利き用に置きなおしたけれど
これもちゃんと左に向けてサービスしてくれました
ホストクラブみたいな(行ったことないけれど・笑)
これでもかぁ~って感じの威圧的なサービスじゃない
さりげないサービスって私には結構来るんだけれど


ペニンシュラ・魚
車海老と帆立貝 ズッキーニとヤングコーンの炒め


ペニンシュラ・お肉
牛肉と卵入りトマトソース煮込み


ペニンシュラ・麺
四川風担担麺


ほたてやえびの火の入れ方も絶妙でしたし
たまごの口当たりもよくトマトの酸味が美味く出ていて
お肉もあっさりいただけました
この辺りでかなりお腹はいい感じになったのですが
胡麻の風味に誘われ坦坦麺もスープまで完食


ペニンシュラ・デザート
緑茶風味チャイニーズミルクプリン


ミシュラン東京の星付きとのことだし
ランチへGO!しましたが
期待を裏切らず満足いたしました(


でも一番気に入ったのは
おつまみ用のくるみの飴がけ
帰りにブティックでおみやげに買ったら
1箱980円だったかな
家に帰って開けたら結構少量で(
今から思えばテーブルの上の残りの分
ドギーバッグ頼んだらよかったかしら(爆笑


ペニンシュラ・おみやげ
箱も小さいけど中身はもっとちょっとなの~


こんなあんなでそれなりに充実した週末を過ごしてきました
Sさん、お付き合いありがとう
次回はスカイレンジャーの飛び回るタイランドのリゾッチャ
いつか行きましょう(





ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.02 Thu l お出かけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




昨日の予告通りなぜかねずみの国(海)の報告です




ディズニー・山
 だったけど、かえってコレがよかったかも



デイリーで使っている某カードが
ねずみの国のオフィシャルカードらしく
使った金額によってくじ引き(?)かなんかで
ねずみの国のチケットが送られてくることがあり
今までも知り合いにあげたり
使わないままってこともあったのだけれど
なぜか今回遊びに行くことになってしまいました


事の発端は1年前
このチケット入りの封筒が届いた翌日に
(1年間有効のパスポート×2人分)
友人とオペラを聴きに行く予定があり
その後の食事のときに
無駄な幸運使っちゃったぁ~』と
このチケットの話をしたところ
まさか、まさかの『行こう!』と
話がまとまっちゃったんです!!!


そしてその後ダラダラと時間が過ぎ
有効期限5月31日を目の前にして
この台風の週末、出かけてきました


でも結果的に台風のせいか雨降りのせいか
(もちろん震災後ということもあると思うけれど)
スムーズにアトラクションを利用でき
人混みや並ぶのが大嫌いな私たち的には
素直にねずみの国(海)を楽しみました(


遊んだもの(記憶とディズニーHPを照らし合わせて)
タワー・オブ・テラー:死ぬほど怖かった
海底2万マイル:並ぶんなら“はぁ~”って感じ
インディ・ジョーンズ・アドベンチャー、クリスタルスカルの魔宮:
ちょうどいい感じ。ただタワー・オブ・テラーの後だったので
更になんかあるんじゃないかとビクビクしていたので疲れた
ストームライダー:水でベタベタになってムカついた
レイジングスピリッツ:昔の長島のホワイトサイクロンを思えば楽勝!
叫んでいたけどね。(地域ネタ。愛知県にある遊園地のこと)
マジックランプシアター:3Dにはわかっちゃいるのにやっぱり反応してしまう
シンドバッドストリーブックヴォヤッジ:
ゴリラがバナナ持っている場面ではバナナの香りがしたのには脱帽!
ヴェネツィアン・ゴンドラ:ここでもなぜかサンタ・ルチア
ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ


スゴイでしょ消化してるでしょ


あと見たもの
ビッグバンドビート:
ドラムをたたくミッキーにホレる(Mちゃん談)とのこと。
残念ながらホレませんでしたがあんだけの付加(頭と靴)をつけて踊って
ドラムをたたくミッキーの中の人に尊敬の念を感じました(笑)
ファンタズミック:
ホテルミラコスタのベッラヴィスタ・ラウンジでディナりながら(笑)
普通にキレイ。キラキラピカピカドンドン


結構満喫してるでしょ
それにしても“随分昔から大人”の大人になって
ここへ行くとは思ってなかったなぁ~(
混んでたらまた印象も変わると思うけれど
今回は並ばないでいいぐらいだったので
良かったです


あとKさん&Mちゃん姉妹お勧めの
うきわまん食べましたよ~(
証拠写真はだよ
ぎょうざドッグも食べたけど写真忘れちゃった(
“随分昔から大人”の私たちには2人で1つで充分でした(



ディズニー・うきわまん
このフクロって下のシートと上のシートの組み合わせでドナルドが飛び出すっぽくなってるんだね~
さすがディズニー




そして“毒食らわば皿まで”っていうわけではないけれど(
ファンタズミック・ディナーいっときました
コレが予想に違えて満足だったんですよ
子供だましっていうか期待していなかったんですが
食材のチョイス、組み合わせ、焼き加減なども満足でした
デザートもここまで徹底したら楽しくなっちゃうでした(



ディズニー・パン
玉ねぎのパン、くるみのパン、豆乳のパン、オリーブ油とバジルペースト


ディズニー・アンティパスト
ロマネスコカリフラワーと中トロマグロとタラバ蟹のマリネ、彩り野菜のゼリーとバジルのフォーム


ディズニー・パスタ
焼きトウモロコシとシシ唐とサルデーニャ産カラスミのニョッケッティ、パルマ産プロシュート添え


ディズニー・魚
ホタルイカとスカンピとスズキのグリルメディテレーニアンスタイル、花ズッキーニのフリットと共に


ディズニー・牛肉
和牛フィレ肉のグリルモリーユ茸と空豆のマルサラソース、ボルツァーノ風アスパラガス添え(私)


ディズニー・鴨
シャラン産鴨胸肉の低温ロースト、もも肉とフォワグラのサルシッチャ、ラディッキオのアグロドルチェ(友人)


ディズニー・デザート
ブラッドオレンジムースとミント・シャンパーニュソルベ、季節のフルーツ添え



飲み物はアメリカンっていうかリゾッチャなので
湿気で蒸し暑かったってこともあり
ビールにセブンUP!でスタート(爆笑
その後これまたお勧めのスプマンテで


子供もワァワァいる店内なら(当たり前だけど・笑)
これで充分に満足いたしました



一部の方々に報告を楽しみにされていましたが
いかがでしたでしょう?
結構ちゃんと楽しんできたでしょ?




で、明日は期待していたほうのランチ話を
こちらも満足しましたよ






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2011.06.01 Wed l お出かけ l コメント (2) トラックバック (0) l top