上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




ようやくタイムリーになった私の勝手なDVD鑑賞のお話です(
過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・フロムヘル
       なぜか小さく加工が出来なくて(
       今回はこれかなーストーリー展開が面白かった(





DVDレンタルの続きです(
6月に借りた8枚を勝手に紹介
やっとリアルタイムに追いつきました


では、紹介行きま~す



ゼロ時間の謎(2007年)
メルヴィル・プポー、キアラ・マストロヤンニ、ローラ・スメット
アガサ・クリスティ原作の映画化なんですが
英国からフランスへ舞台を移しているというものの
時間考証めちゃくちゃというか
なんだか元の1940年代チックな雰囲気もあり
でも携帯あるし訳わからん感じで。
狙ったのかなーそうでもなきゃあまりに支離滅裂
ぼくを葬る(2005年)が良かったので
メルヴィル・プポー目当てに借りたけど・・・いまいち
キアラ・マストロヤンニはやはりお父さんの血からかママに較べてゴツいし
(あー、ママの方も年とってよくありがちの昔は美人だったんだろーなーの
しっかりがっしりどっしりのフランスの中高年ババアになっちゃったけど)
ローラ・スメットはジョニー・アリディの娘かー
やっぱうるせいな(まぁ役柄がそんな役だったんだけど。
クリスティは高校生の頃ハマってほとんど全部読んだと思うけど
あの頃のページ捲るワクワク感はなぜかなかったな(


フロム ヘル(2001年)
ジョニー・デップ 、ヘザー・グラハム
ジャック・ザ・リッパーを題材にしたお話しでしたが
映画として面白かったですよ
センセーショナルな未解決事件として数多くの本や映画の題材となり
過去いろいろな推理がなされてきた話だけれど
今回の解釈も結構納得というかよかったです
エドワード7世に続き王位継承順位2位のヴィクトリア女王の嫡孫
アルバート・ヴィクター王子が絡む説採用での話の展開だけど
確かにこの人の犯人説もあるけれどこの人といえば
クリーブランド・ストリート・スキャンダル
娼婦と結婚っていうよりゲイ寄りの人だったんじゃないかなー
あっ、バイってことかまあ、どうでもいいんですがね(
フリーメイソンなども絡め面白い話に仕上がってました
あっ、この間若い人から聞いた話なんですが
今(もう少し前の話かしら)若者達の間で
“友愛(例のヘンな首相がらみですよ)”から
“仲間、平和、ピース”みたいなニュアンスで
“俺ってフリーメイソンじゃね”って言うってきいたんだけど(
ホントかな
へザー・グラハムはかわいいと思うんだけど(劣化度も低いのに)
10年前ぐらいにこういう映画に出て化けるチャンスあっただろうのに
なぜか大成せずB級ちっくなレベルだなーなんでだろ


チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007年)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン
旧ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻の反対勢力への援助活動をした
実際のアメリカ下院議員やその周辺にいた人物を描いた作品
それぞれ実際の方々もクセがある人たちのような感じですが
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツらが演じています
それよりもこのフィリップ・シーモア・ホフマン・・・同級生
確かに他の作品でも芸達者さんでお上手でよい俳優さんだとは思いますよ。
でも・・・同級生、自分では自分がわからなくて実際はこんなものなんでしょうか
まあ、ジュリア・ロバーツも同級生ですけどね(
ジュリア・ロバーツとフィリップ・シーモア・ホフマンが
同級生ってどう思いますそんなもんかなー


ブロークン・イングリッシュ(2007年)
パーカー・ポージー、メルヴィル・プポー
これも僕を葬る(2005年)のメルヴィル・プポーがらみで借りたものだけど(
うーん、彼自身、普通かな()可もなく不可もなくって感じ。
映画のほうはうーん、いまいち寄りの普通かな(
女が痛い感じかな(
まあ痛い感じの女を主人公にしているんだから
ある意味演技お上手なんだろーけれど(
年下のフランス男と恋に落ちるには・・・


コンスタンティン(2005年)
キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ
コレファンタジーといってよいのかしら
ありえない話というか漫画みたいなんだけれど
結構面白かったです
脇の人たちも役にイメージぴったりというかいい味出てました(
天界側のハーフブリード(天使みたいなもの?)ティルダ・スウィントン
悪魔側のハーフブリードでキアヌ・リーブスの敵役のギャヴィン・ロスデイル
そして黒幕的な扱いなのかな?悪魔役のピーター・ストーメアなど
なんか納得って感じで盛り上げてました(
最近カンヌに現れたキアヌ・リーブスの劣化した姿がニュースになったけれど
この人って奇行で有名だから次現れるときには復活してるかな


マイノリティ・リポート(2002年)
トム・クルーズ、コリン・ファレル
スピルバーグ監督でトム・クルーズ主演イコール大作間違いなしでしょうという
匂いというかイメージぷんぷんが弱冠鼻についていたのですが
みてみたらまあまあ普通に面白かったです(
でもなんかコリン・ファレルって気に入らないなー(
役柄っていうか彼の個人的イメージからかしら


クリスマス・ストーリー(2008年)
カトリーヌ・ドヌーヴ、マチュー・アマルリック、メルヴィル・プポー
クリスマスに集った問題がある家族の話なんですが
小さいときに亡くした長男と同じ白血病と診断された母親役のドヌーブ
結局叶わなかったけれど長男への骨髄移植を期待されて生まれてきた次男
問題多き人生を歩んでいる次男への非難と嫌悪を隠そうとしない長女
自らの性格から妻の愛を信じきれず兄や従兄に卑屈な気持ちを持つ三男など
いろいろてんこ盛りなんですが・・・
うーん、なぜあんなにドヌーブの母親役は偉そーなんだろうか
上の世代から下の世代の移植は納得できるけれど反対に世代を遡る移植
ましてやドヌーブは働き盛りではなく60台後半は過ぎてそう
他の人(若い人)の健康な身体に傷をつけたり足りなくしてまで得る価値があるのかと。
そしてここが重要だけど貰う立場なのに貰ってやる態度
ほんと納得いかないわ
あとどうだろどんなに多くても30年の寿命
ましてや内容たるや稀な例以外は生産せず
財産や年金やエトセトラを食むだけの時間を
他の人の犠牲の上で得る価値があるんだろうか


360(2011年)
アンソニー・ホプキンス、ジュード・ロウ、レイチェル・ワイズ
結局回り廻って世の中360度元のところに戻ってくるってことかしら
ウィーン、パリ、ロンドン、デンバー、フェニックス
そしてパリ、ウィーンと話が戻ってくるというか廻ってきて(^^)
まあまあかな(^^)




やっとリアルタイムで観てそしてブログも書けての
6月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
スポンサーサイト
2013.06.28 Fri l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




やっと観るのは追いついたと思ったんだけれど・・・
引き続き私の勝手なDVD鑑賞のお話です(
過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・アルゴ
今回はいい映画が多かったんだけど
ぼくを葬るとアルゴと迷ったけれど(





DVDレンタルの続きです(
5月分として借りた8枚を勝手に紹介
やっと観るのは追いついたんですが
ブログも頑張って書きまーす(

では、紹介行きま~す



007/スカイフォール(2012年)
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ
ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、ジュディ・デンチ
とりあえず観てみた(
映画として普通に面白かったですがハビエル・バルデム気持ち悪過ぎ
ペネロペ・クルスはあれでいいのかな
それにしてもダニエル・クレイグ同級生でハビエル・バルデム1っこ下って
傍から見ればこんなものなの驚愕
映画じゃないとこでいろいろ考えさせられました(


最強のふたり(2011年)
フランソワ・クリュゼ、オマール・シー
実話を元にした映画で面白い映画でした
パラセイリングの事故での脊髄損傷で全身麻痺になった富豪の雇い主と
生活のサポート役で雇われたマイノリティ出身の失業者が
思いのほか心を通い合わせお互いによい影響を与え合いという内容
実際のその後も雇い主は麻痺は存在するものの結婚し子供もでき
雇われた方も事業を起こし無事に生活している模様
人生の出会いとはやはり大事なんだなと思う一作品でした


ジャンパー(2008年)
ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、サミュエル・L・ジャクソン
うーん、ヘイデン・クリステンセン目当てに借りたんですが・・・
ヘイデン・クリステンセンちょっと違うなー、私の好みと(
線が細いな、もうちょっとしっかりした感じのほうがいいかな(^^)
映画の内容はね・・・うーん、面白くないな
それにしてもお母さん役ダイアン・レインって。
まぁ年齢的には妥当なんだろうけれど・・・
でもアウトサイダーとかの紅一点役を思うと・・・
月日の経つのは・・・恐ろしい・・・ガクブルガクブル


シャドー・チェイサー(2012年)
ヘンリー・カヴィル、ブルース・ウィリス、シガニー・ウィーバー
シガニー・ウィーバーが悪者とはわかっているんですが
ブルース・ウィリスの立ち位置がイマイチ理解できていない私です(><)
それにしてもシガニー・ウィーバー気持ち悪いくらい不気味・・・
主役のヘンリー・カヴィルは今度スーパーマン出演するんですって
うん、そんな感じのしっかりしたイケメンでした(
どうかなー写真によってはいい線イッてるかも
でもちょっとゴツいんだよなー(


昼下がり、ローマの恋(2011年)
ロバート・デ・ニーロ、モニカ・ベルッチ
青年、中年、熟年のそれぞれの恋を描くオムニバス映画
とはいうものの青年と中年のパートの俳優達はイタリアの俳優で
残念ながら全く知らない人達なのでイマイチ馴染みがなく・・・
話の内容はまぁ可もなく不可もなくかな
3部目の主役がロバート・デ・ニロとモニカ・ベルッチで
やはり気持ちが入るっていうかようやく映画見てる気分に
それにしてもいつも思うんですが
やっぱりハリウッドスターは違うなーと感心するんですが
ヨーロッパ映画などにハリウッドスターが入ると
なぜかそこだけ光るんだよなー(
ヨーロッパでアメリカ人みても素敵と思わないけれど
ハリウッドスターは好き嫌いかっこいいかっこ悪い関係なく光ってる
あの人達やっぱりオーラがあるのねー、すごいなー


アルゴ(2012年)
ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン
あのね、ベン・アフレックってバカそうで嫌いなんですよ。
でもね、この映画はすごくよかった
監督としても演技者としても
さすがアカデミー賞だなーって思いました
それにしても実話だものね、こんな緊迫した状況に陥りたくないな(><)
本当に事実は小説より奇なりを地で行くというか
ふざけているような有り得ないことを
それこそ冗談抜きに生死をかけてやり抜く
そしてそれが本当の真実の話と知ってこの映画を見ると
真剣にその空気に呑まれるというのか・・・
でもこんな映画作る才能があるように思えないんだよなー、あの人


ぼくを葬(おく)る(2005年)
メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
ゲイの若者が癌にかかり余命3ヶ月・・・のお話しなんですが
サルコジ元大統領の奥さんのカーラ・ブルーニのお姉さん演ずる
カフェテリアのウェイトレスとの絡みなどはいまいち詰めが甘いというのか
“物語、物語”っていう感も否めなかったですが
どんどん体重を落として薄く儚げになっていくメルヴィル・プポーは
“あー、結局死んでいくってこんな感じなのかな”という
迫力、気魄がありました。
このあと結構このメルヴィル・プポーの出演作借りたんだけど
うーん、これが一番かな(


バットマン ビギンズ(2005年)
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン
ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン
ルトガー・ハウアー、キリアン・マーフィ
このシリーズ結構バカにしていて見てなかったんですが
意外や普通に面白かったですよ
まぁこれだけ脇が豪華ならば見ごたえ充分というのか
クリスチャン・ベールって不思議な俳優さんだけど
これはハリウッドっぽいというかまともな感じで(^^)
他のシリーズもみちゃおうかな




記事書くのが遅くなりましたが5月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2013.06.18 Tue l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



またもや遅くなりまして・・・・・

6月の料理教室の内容のご連絡です




食材・梅
去年の梅酒などが残っているし今年はお休みするかも



フレンチ・デビュタント(はじめてのフレンチ)コース:ソース(1)
ほたてのブルターニュ風
コトリヤード
レモンと蜂蜜のミル・クレープ



フレンチ・プルミエ(おもてなしのフレンチ)コース
ヴィシソワーズ
サーモンと生ハムのソテー、バルサミコ酢ソース
栗のフラン



マ・ファミーユ(家庭料理)コース:夏の和惣菜
小エビとえだまめとなめこの梅和え
焼き茄子のおくらやまかけ
たまご豆腐
宮崎風鶏の南蛮漬け
冷や汁
宮崎マンゴー



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:15区

関連記事はこちら→

関連記事に書いたように
新婚カップルが住みたい街1位と言われているように(
住み易さ上位の地区です
最近は昔ほど頻繁にパリへ出かけないので疎くなってきましたが
星つきなど新しい話題のレストランなども多いようですよ(^^)
お料理は週末マルシェでお買い物をして
気軽な少し素敵なランチやディナーにというイメージで
観光的なシンボリックなものは少ないけれど
滞在型のパリならば楽しい時間になること請け合いの地区です
お楽しみに


トゥール・ド・フランス(フランス紀行)コース:プロヴァンス地方

数ヶ月お休みのコースでしたが今月から再スタートです(^^)
パリ20区めぐりコースとともに
歴史、地理、文化などを料理とともに考察する
アカデミックな講座だと自画自賛のサロン・ディーオお勧めのコースです
今月からよろしくお願いします()



是非、お楽しみに




では今月もよろしくお願いしますクローバー



ご興味がございましたらお気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2013.06.15 Sat l 今月のメニュー l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




またまた油断してしまい間があいてしまいましたがと書いて2、3週間
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
とりあえず書きかけのコレをUP
サロン・ディーオの6月のメニューは明日以降UP予定で

引き続き私の勝手なDVD鑑賞のお話です(
過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・シスタースマイル
今回はどれもそこそこというか
特に心惹かれるものがなかったんですが(





DVDレンタルの続きです(
4月分として借りた8枚を勝手に紹介
やっとまあまあリアルタイムでみてるんじゃないかな
とにかく頑張って見てました(

では、紹介行きま~す



アレキサンダー(2004年)
コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー、アンソニー・ホプキンス
うーん俳優陣まあまあ名前の売れてる人たちだし
オリバー・ストーン監督作だしお金かかってそう映像だし
歴史もの好き系のはずなんだけど・・・つまらん
とにかくやたら長くって飽きてきちゃうし
コリン・ファレルが出来損ないのゴツさが出たときのブラピみたいというか
なんかすっきりしないっていうかうっとうしい(><)
うん、好みじゃないんだな、コリン・ファレル


RONIN(1998年)
ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ、ステラン・スカルスガルド
普通におもしろかったです
パリとかニースとかローマの街が舞台で親近感湧くっていうか(
ロシアマフィアが出てくるんだけどいかにもで(


ヒューゴの不思議な発明(2011年)
ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、ジュード・ロウ
スコセッシ監督の3Dでアカデミー賞複数の部門ノミネート&受賞
確かに見ごたえあるというかよく出来たファンタジー
こういうのってこういう映画作りたい人たちには
とっても遣り甲斐があるというのか楽しい仕事だったんだろうなって
想像ができる映画でした


ドリームハウス(2011年)
ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ
二転三転するよくできたサイコスリラーかな
よくみてないと“えっ、どーゆうこと”と思うけれど
最終的には“なーるほどそういう伏線だったのか”と(
それにしてもまた言っちゃうけれど
ダニエル・クレイグって老けてないあんなもの
汚いとかカッコ悪いわけじゃないけれど “同級生かよって
やたら脱ぐところも痛いわ


レ・ミゼラブル(2000年)
ジェラール・ドパルデュー、ジョン・マルコヴィッチ
シャルロット・ゲンズブール、ヴィルジニー・ルドワイヤン
今年のハリウッド大作版ではなく(6月後半にレンタル開始らしい)
フランスのTVでのミニシリーズ版
マルコヴィッチ以外フランス人の俳優なのに“なぜに英語”って(
ウィキペディアしたら英語版フランス語版同時に撮影したらしい。
ドパルデューが長編の作品に忠実に再現したいがため
時間的制約がある映画ではなくあえてドラマ化したということもあり
見ごたえはあったけれども長かったー
ユゴー、デュマ、バルザックの3巨頭とスタンダールなど
もう一度腰をすえて読み直してみようかな(


ビッグ・フィッシュ(2003年)
ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ
ジェシカ・ラング、マリオン・コティヤール、ヘレナ・ボナム=カーター
まぁくだらない話なんですが
私、ユアン・マクレガー好きなのかな結構見てる感じがするー
ティム・バートン監督のイメージとちょっと違う感じもしたけど・・・
ヘレナ・バナム=カーターって“眺めのいい部屋”の
令嬢役の頃とイメージ違うー
ティム・バートンと結婚して作品の常連になってから
ちょっとヘンなオバサンちっくなヘンな人役が多いっていうか
まぁ普通かな(


シスタースマイル、ドミニクの歌(2010年)
セシル・ドゥ・フランス
この“ドミニク、ニク、ニク、サン アレ トゥ サンプルモン
Dominique, Nique, Nique, S'en allait tout simplement”が
こんなドラマの元に作られた曲だとは知りませんでした。
こんな明るいメロディーがかなり性格破綻気味の修道女作なんて(
いつ耳にしたのかわからないけれど耳に残っていて
あと16、7年前かなフィーチャーしたアレンジ変えたバージョンで
流行ったことないフランスのローカルでの話かなぁ
フランス人の子が聴いてた記憶あるんだけれど


クロッシング(2009年)
リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル
なんか地味な感じも否めなかったですが
上手くできた話っていうか物語の流れがまとめてあるというか(
タイプの違う3人の警官が最後1つの場所で交差する流れなんですが
俳優のレベルの割りに地味というかB級感というか
上手くまとめてあるし普通に楽しめるんだけれど・・・




遅れましたが4月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2013.06.10 Mon l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。