人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



なんやかんやでまた日数あいてしまいましたが(><)
今日は2月に借りたDVDの鑑賞日記です


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・ローン・レンジャー
私的にはわくわく感があって
コレ面白かったんですよ(
ってことで今回のトップはこちらで





さあて再びDVDレンタルの続きです(
2月分として借りた8枚を勝手に紹介

では、紹介行きま~す



世界にひとつのプレイブック(2012年)
ブラッドレイ・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ
まぁまぁ普通寄りの面白かったような
ジェニファー・ロレンスが大人っぽいというか老けてるっていうか(
はじめちょっと気分がのらないかなって思っていたんですが
でも映画も終盤にかかってきたら盛り上ってきて
結局はまぁまぁ楽しめました
でもジェニファー・ローレンスやっぱり演技が上手なのかな
レッドカーペットの上とかでより映画が進んでいくうちに魅力的に見えてきました(^^)


ペーパーボーイ 真夏の引力(2012年)
マシュー・マコノヒー、ザック・エフロン
ジョン・キューザック、ニコール・キッドマン
うーん出てる人レベルの割りになんだろうこのB級ちっくな臭いは(
年代設定とかもあるのかもだけど、うーん


ムーンライズ・キングダム(2012年)
ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ
フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン
エドワード・ノートンに引かれて借りてみたけれど(><)
子供2人が主役なんだけど
折角、脇の大人たち有名どころなんだけれども・・・
話自体が意味わからんっていうかあんまり・・・だったかな


ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年)
ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー
ポール・ウォーカー亡くなっちゃっってホントびっくりした(><)
映画などの役柄のせいか汚い格好で動いているとイマイチなんですが
モデルみたいに決めた静止画は好みの姿かたちだったんですが・・・
シリーズ5,6作目みたいだけど映画としても結構面白かったですよ(^^)
まぁやっぱりB級感っぽい感じはするけど(


ホワイトハウス・ダウン(2013年)
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ジレンホール
ジェイソン・クラーク、リチャード・ジェンキンス、ジェームズ・ウッズ
面白かったですよ
なかなか二転三転する犯人っていうのかしら
アクションもど派手だったし(まぁこれはどうでもいいんだけど・
子役の子が結構ナショナリズム刺激するっていうか
国は違えども星条旗振っている姿は弱冠胸が熱くなるものがあって
ドラクロワの自由の女神みたいな構図っていうか


ローン・レンジャー(2013年)
アーミー・ハマー、ジョニー・デップ、トム・ウィルキンソン
ヘレナ・ボナム=カーター、ウィリアム・フィクナー、ルース・ウィルソン
なんだかバカみたいなんだけどめちゃくちゃ面白かったですよ
番宣などで“ジョニデどうしちゃったの”って思っていましたが
やはりハリウッドっていうかよくできた物語っていうか
アーミー・ハマーもずどーんと大きいだけかと思ったけど
役柄にあっているというか面白かったし(
この映画ティム・バートンが監督じゃないのに
やっぱりヘレナ・ボナム=カーターはヘンな路線
まぁ“レ・ミゼラブル(2012年)”でもそっち系だったけど(


プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年)
ライアン・ゴズリング、ブラッドレイ・クーパー
エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ
今これを書くためにウィキとかオフィシャルHPなど
読みながら映画の内容を思い出していたら
まぁ悪い映画でもなかったかとも思うんですが
実際観たときの印象はなんだか中だるみっていうか長いなーって(
人気俳優出てるわりになんか全体に暗いのかな
ブラッドレイ・クーパーの息子役がキモい


スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年)
クリス・パイン、ベネディクト・カンバーバッチ、ザカリー・クイント
カール・アーバン、ゾーイ・サルダナ
バットマン、スーパーマンなどと同じというか(
馬鹿にしていたんだけどさすがハリウッドなのか結構面白かったです(^^)
ベネディクト・カンバーバッチが“イギリスの至宝”と
メディアで言われていたのは知っていたんですが
どうなのかな確かにオーラっぽい迫力はあるけれど
ちょっと不思議な顔だよね(^^)
あんな宇宙人いろいろな映画とかででてくるみたいな
それに私とかがイメージしてるというかなんというか
ミスター・スポックと違う俳優が演ずるミスター・スポックでしたが
このザカリー・クイントのもよかったですよ
アホみたいでおもしろかった


天使と悪魔(2009年)
トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー
ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド
このレンタルの契約が月8枚なんですが
“旧作”扱いの旬を過ぎたものだと何枚でも借り放題というおまけがありまして
後から振り返るとなにかに憑かれたように(
なぜだか日数も少ない2月めちゃくちゃがんばって借りたようで
今月はあと4作紹介(
まぁ有名なダン・ブラウンの映画化2作目ですが
内容はともかく映画として普通に面白かったです
ただこの映画かなり原作と内容が違うので
ユアン・マクレガー演ずるカメルレンゴの動機が単純っぽいっていうか
かえって“なんで”って感じだったかなと・・・
ダン・ブラウンの小説はある程度の聖書などキリスト教や
歴史の知識がないと分かり辛いからいろいろ省いちゃったのかな


ブラック・スワン(2010年)
ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル
ミラ・キュニス、 ウィノナ・ライダー
主人公が精神的に追い詰められ妄想や幻覚と現実が交差する内容なので
不気味といえば不気味なんですが見ごたえのある映画でした
ナタリー・ポートマンの映画はいくつか観てますが
“宮廷画家ゴヤはみた(2006年)”のときも思いましたが
やはり演技がお上手なのかな鬼気迫るものがあるというのか・・・
それにしてもさかむけを剥く自傷行為のシーンは
思い出してもブルっとくるというか痛い


プチ・ニコラ(2009年)
マキシム・ゴダール、ヴァレリー・ルメルシェ、カド・メラッド
フランスの昔からある絵本漫画の映画版
まぁ、内容はともかく(
うーん、フランス語の聞き取りの勉強って感じかな(


私が幸せになる恋のルール(2002年)
コリーン・ポーチ、デヴィッド・ゲイル、ブラッドレイ・クーパー
ウィキしたらどうもアメリカでも劇場で上映されずDVDだけだったみたい(><)
日本では最近DVD化されたみたいだから
うーんたぶんブラッドレイ・クーパーが出世したから
昔に出た映画が商品になったってパターンじゃないかな(
まぁ、そんな感じの三角関係の恋愛もの(^^)





なにを血迷ったのか日数少ない2月になんと12枚も観てしまった
かなり無理してがんばったもの(
とりあえず3月からは通常の8枚ペースにします
2014年2月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2014.03.23 Sun l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



今日は先月の犬山マラソンへ応援に行ったときの様子です




犬山・マラソン
応援部隊なのでお友達と共同作業でお弁当を作っていきました



走るのを趣味にしている友人がハーフマラソンに挑戦ということで
お弁当を持って応援にいってきました
イタリアから一時帰国している友人が海苔巻き担当
(前にFBでみたイタリアでのホームパーティーでの海苔巻きが
おいしそうだったのでリクエストしちゃった
そして私が“子供の運動会”みたいなおかず担当



メニュー

海苔巻き三種(梅しそ、かに、ツナサラダ)
ミニハンバーグ
たこさんウィンナー
出し巻きたまご
海老フライ
鶏のから揚げ
きんぴらごぼう
かぼちゃのたいたん
ポテトサラダ
ほうれん草の胡麻和え
ミニトマト&モッツァレッラ




いろいろマラソン大会を知らなかったというか甘くみておりまして
当初の予定では車で行こうと思っていたんですが
交通規制や駐車場の確保などでよっぽど早く行かない限りなかなか難しいらしく
結局電車で行くことにってことで調べましたら
名古屋の鶴舞線という地下鉄が1時間に1~2本程
私鉄と連携して乗り換え無しで犬山まで行けるというのがあり
“乗り遅れたらだめ”とめちゃ緊張して行って参りました


そして幸いなことに仲間のお友達が犬山在住ということで
お弁当など重いものはそちらに預けて“いざ応援へ!


それにしても世の中あんなにマラソンの参加者いるとはびっくりしてしまいました
お友達達も名古屋や東京、京都・・・いろいろなところに応募し抽選にはずれ
犬山ハーフマラソンは比較的応募しやすかったらしく参加となったよう(^^)


そして今回学んだことは“応援”って効果あるんですね
よくサッカーの試合などでホームとアウェイとか言っているのを聞いたことあるけれど
マラソン大会などで沿道で応援している人をテレビなどでみて
野次馬的なイメージをもっていたのですが・・・
今回自分が応援してみてなんていうか手応えを感じたっていうか
“がんばってー”っていうのが走ってる人に届いたって感じたというか(
応援って意味あるっていうか効果あるんだなーと実感して楽しかったです


そして応援も当初は“いってらっしゃーい”ってして
お茶でもしていて“お帰りー”ってするだけと思っていたら
途中のポイントに移動して沿道で声かけをするんですね(
↑これが効果のある応援なんですね
ということで私たち応援部隊も結構歩きました(
途中観光案内もしてもらって犬山を満喫できました


犬山といえば子供の頃モンキパークとか明治村へ行ったりとか
なぜか中学生の頃“西部警察”のロケを見に行った記憶が
別に“西部警察”好きだったってことないしなぜ行ったのかしら
あとお城が国宝で有名だしお茶室もいいので
ホームステイしていたフランス人を案内したぐらいかな
それ以来の犬山でしたのでお城も中には入りませんでしたが
しっかり横を通ってきました(


そして多目的センターみたいなお部屋を押さえてくださっていたので
マラソン終了後そちらでピクニック
みんなでわいわい楽しかったです



次回は秋の軽井沢かしら
応援行きますよー





ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです

2014.03.14 Fri l お出かけ l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




まあね、1月になって気分的に遊びモードになったからというか
ちょうどいいタイミングでメールがはいったせいか
なぜか1ヶ月に8枚DVDを借りるという
なかなかハードな契約を再開してしまいました(
2012年の1月からひょんなきっかけでレンタルを始めて19ヶ月
半年ほどお休みして再開です(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・リンカーン
今月はやっぱりコレかな(^^)
ダニエル・デイ=ルイス好みの姿かたちじゃないけど好き






さあて半年振りに再びDVDレンタルの続きです(
1月分として借りた8枚を勝手に紹介

では、紹介行きま~す



マン・オブ・スティール(2013年)
ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー
ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ラッセル・クロウ
はい(^^)復帰第1弾はスーパーマンです(
ちょっとバカにしていたけれど(
さすがハリウッドなのかな普通に面白かったです
ヘンリー・カヴィルは“シャドー・チェイサー(2012年)”でのときもだけど
かっこいい瞬間とイマイチの平たい瞬間と(^^)
それにしても2人のお父さんに(コスナーとクロウ)お金掛かってそう(
とにかくバットマンにも感じたハリウッド映画って感じ


マジック・マイク(2012年)
チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、コディ・ホーン
マット・ボマー、マシュー・マコノヒー
ミーハーなので借りてみました(
チャニング・テイタムって姿かたち好みじゃないんですよ
でも他の映画でもですが動いているとかっこよく見えてきちゃうんですよね
それに反してアレックス・ペティファーは結構好みなんですが・・・
なんか成長歳とったからかゴツくなったっていうかうーん
“TIME/タイム(2011年)”って映画のギャングでもイマイチだったし・・・
マット・ボマーはその“TIME”って映画で覚えた俳優
まぁ感動する映画とかじゃないんだけど(
皆さん踊りなどがんばったんだろうなって感じで面白かったです
それにしてもユアン・マクレガーとともにマシュー・マコノヒーって働き者なのかなー
彼らのこと好きなのかなとにかくこの2人よく観るような


アンナ・カレーニナ(2012年)
キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン
劇場ちっくな演出とか舞踏会のシーンとか面白かったかな
ただヴィヴィアン・リーのイメージが強いからか
ナイトレイのアンナが美しいんだか美しくないんだか
それにしてもジュード・ロウって“美しい顔”って言われてたよね(><)
皆さん、役のために変貌するし確かに“ハゲ”だったけど
日本人にはいない“イケてるハゲ”じゃなかったのかなー(><)
ヴロンスキー伯爵役のアーロン・テイラー=ジョンソンは
どうかなーいまいち好みから外れるんだけどこの人も髪色とか髪型で別人
あー、なんか久しぶりに鑑賞日記書き出したら
俳優が好みか好みじゃないかばかり書いてるような・・・
映画自体のこと書かなきゃね


ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年)
ブラッドレイ・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス
ケン・チョン、ヘザー・グラハム、ジャスティン・バーサ
なんやかんやで3部作全部みてしまった・・・
もうね、バカな話なの
でもバカな話なりに1作目はホント面白かったような(^^)
2作目で“1作目で当たったからお金かけたなー”って感じで
3作目で“もう打ち止めでいいよ”って感じだったかな(


リンカーン(2012年)
ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
デヴィッド・ストラザーン、トミー・リー・ジョーンズ
ダニエル・デイ=ルイスだしアカデミー受賞系だしで
かなりの期待を持って観ましたが“さすが”って感じでした
リンカーンの肖像画に姿かたちがホントなんかそっくりぽくて
演技以前にそれっぽいというかダニエル・デイ=ルイスだなーって
それとトミー・リー・ジョーンズって勝手になんか叩上げっていうか
インテリジェンスを感じなかったんだけど
(あっ、MIBの役はインテリジェンスだね・
このリンカーンのメイキングみたときに
いろいろ語っていて“あら”と思ったのでウィキしたらハーヴァード大卒なのね
アメリカの歴史はあまり興味がないというか
大まかなことしか知らなかったから勉強になった


華麗なるギャツビー(2013年)
レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン
うーんスコット・フィッツジェラルドとゼルダ、グレート・ギャッツビー
ロバート・レッドフォードのギャッツビーのイメージから考えると
レオ様のギャッツビーは少し違う感じがするものの・・・
まぁキラキラした画面でパーティーのシーンとか楽しいかも(
デイジー役のキャリー・マリガンも、うーん、かわいいけれど
“ドライブ(2011年)”の服役中の旦那を小さい子供と待つプアホワイトの女性の役が
儚げで健気でかわいい印象があるのでちょっと違和感だったかな。
またもや俳優の好き嫌いばかりで鑑賞日記としてはダメだけど
やっぱり先入観っていうかイメージを持っちゃっているから
なかなかその映画にスッと入れるときと入れないときがあるんだよねー。


ジャンゴ 繋がれざる者(2012年)
ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ
ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
はい!魅せる映画でしたよ
やっぱりクリストフ・ヴァルツいいなー(^^)
今回は“イングロリアス・バスターズ(2009年)”のナチ将校
“三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船(2011年)のリシュリュー枢機卿”
“おとなのけんか(2011年)”のゲス野郎などの
吐き気をもよおすイヤな役とは一線を画しているんだけど(
相変わらずいい味出しているっていうか“good job!”って感じです
そしてアメリカの奴隷制の時代の話なので
内容的に吐き気がしてくるんですが
この吐き気の元の大農場主役のレオ様が気持ち悪い・・・
この人イッちゃってるって感じで抹殺したくなってきます(


ジャッキー・コーガン(2012年)
ブラッド・ピット、ジェームズ・ガンドルフィーニ、レイ・リオッタ
うーん、あんまり面白くなかったかな
ブラピで思い出すと“バーン・アフター・リーディング(2008年)”
と同じ匂いを感じるかな。なにがいいたいのかなーって





お休みの間にレンタルが始まったものを中心に
かなりなミーハー選択だけど久しぶりに映画をみて楽しかったかな(
日常テレビをほとんど観ないのでドラマなども
FBなどで友人が感想呟いているので“あまちゃん”や“倍返し!”も
なんとなくそういう話の内容ののかってわかるぐらいなので
久しぶりの映画、ドラマ、テレビって感じで
これからしばらく楽しもうと思います
次回からもよろしく(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2014.03.12 Wed l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



実は今年1月より新しいレクチャーコースが始まってます
新しいコース料理教室(イストワール・ド・フランス、フランスの歴史コース)の様子です




料理・古代ガリア
背景は“アステリックス”古代ガリア人のフランスではお馴染みの漫画



郷土料理などフランスの地方を学ぶトゥール・ド・フランス(フランス紀行)
パリ観光にも役立つと自画自賛のプラン・ド・パリ(パリ20区巡り)に続いての
新しいレクチャーコースとして
今回はフランス料理を時代と共に攻めてみようと
本来のフランス史半分+料理史半分の講座を始めました


がしかしフランス料理として特徴がでてくるというか花開いていくのは
よく言われるのは文化先進国のイタリアから嫁いできた
カトリーヌ・ド・メディシスが現れた辺りからで
それまではあまり特色がなく第一文献がかなり少なく・・・
いろいろ苦戦しながらのスタートですが
ヨーロッパで栽培されていた食物などや交易流通などの文献から推測して
メニューを考えてます(


フランスルネッサンスの時代とは
ちょうど“戦い”から“外交”へシフトチェンジしたころで
観光で有名な古城巡りでも
装飾がなく窓が小さい要塞チックなお城から
私たちがヨーロッパのお城とイメージする
なんだかロマンティックなものに変容していき
それに伴い食事などもエネルギーを得るための“餌”から
アミューズ&エンターテイメント的な“お食事”へ変化していきました




料理・フランク王国
こちらの背景はシャルルマーニュ(カール大帝)



ですので古代ガリアから始めているのですが
今はまだかなりシンプルなお料理での3コースが続いています(
そしてもちろん名も無きメニュー(><)
意外やシンプルでおいしいという慰めもいただいていますが(


本来の歴史の方でもある意味大雑把にすっ飛ばしてます
まぁある程度現代まで約2年かけてのコースのつもりですが
この辺りは数百年単位でのすっ飛ばしですが
フランスの歴史とはいうものの
やはりローマ帝国、キリスト教、神聖ローマ帝国などは外せないので
ヨーロッパ史絡めての展開での講座です


まぁ他のレクチャーコースとともに私のオタク趣味に走った講座ですが
音楽や絵画や映画エトセトラ芸術を理解するにも必要な教養だと思われるので
こういう方面お好きな方にはホントお勧めです


もちろん簡単な講座ですが
反対に言えば“さるでもわかる”フランス史って感じの講座です


是非お勧めですのでご興味のある方どうぞよろしくお願いしますm(^^)m






サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです



2014.03.11 Tue l イストワールドフランス(歴史) l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



さあて頑張ってブログUP続けますよー(ホントかな~?・
今月の料理教室(マ・ファミーユ、毎日の家庭料理コース)の様子です




教室・手羽餃子
蒸し器の蓋がズレてぴったりしまってしまっていたので“ス”が入っちゃってる




今月2014年3月のメニュー
ここのところ居酒屋さんなどに行ってインスパイアされた(
和系のお総菜です



2014年3月のメニュー和系のお総菜
たけのことピーマンと茗荷のくるみ味噌和え
レタスの生姜風味煮浸し
手羽餃子
小田巻き
焼きおにぎり




暑くなってくると最低限の活動以外引きこもりになるサロン・ディーオですが
冬の間は社交の季節ばりにお出かけなどしています(
そんな中でなぜか居酒屋さんみたいなお店にインスパイアされ
今回手羽餃子をしてみようと(
今月はお家での気軽なお総菜メニューとなりました(


手羽先の骨をはずすのがメイン作業ですが
これはコツさえ掴めば簡単ですので是非お家でやってみてくださいね
子供から大人までおいしくお食事できると思います(^^)




教室・手羽餃子1
こちらは美しい茶碗蒸しです(




小田巻きはおうどんの入った茶碗蒸しです
腹持ちがいいですしのどごしツルッと入っていくので食欲がないときとかも(
冬の寒い季節母方の祖母が祖父の昼食になど作っていたのが
サロン・ディーオにとっては懐かしいメニューです(^^)


どれも毎日の食事で食べやすいメニューですので
是非おうちでチャレンジしてくださいね




ではまだまだ今月もよろしくお願いします(
他のコースもアップするよう頑張りまっす





サロン・ディーオの料理教室にご興味がございましたら
お気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2014.03.10 Mon l マ・ファミーユ(家庭) l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



またもや遅くなってしまい・・・(涙)
という言葉に聞き飽きたと思われていると思われますが
夏は暑いので夏眠に入るためかこの寒い時期なんだか
社交の季節ばりに比較的遊びの予定も多く・・・
はい!言い訳です・・・すみません m(><)m




3月の料理教室の内容のご連絡です




教室・オーヴェルニュ風ポテ
今月のデビュタントの“オーヴェルニュ風ポテ”は別名“キャベツのスープ



フレンチ・デビュタント(はじめてのフレンチ)コース:生地(2)折り込みパイ生地
すずきのパイ包み
オーヴェルニュ風ポテ
フロニャルド



フレンチ・プルミエ(おもてなしのフレンチ)コース
カリー風味のほたてのナンテーズ
カスレ
ブランマンジェ



マ・ファミーユ(家庭料理)コース:和食系のお総菜
たけのことピーマンと茗荷のくるみ味噌和え
レタスの生姜風味の煮浸し
手羽餃子
小田巻き
焼きおにぎり



プラン・ド・パリ(パリ20区廻り)コース:3区

南に位置する4区とともにマレ地区として
おしゃれなスノッブな地区として取り上げられることの多い地区です
1区が観光名所の宝庫、2区がいわゆる繁華街だったのに対し
この3区は昔の貴族の館を美術館など公共の施設に転用しているなか
こじゃれた雑貨屋さんやサロンドテがある落ち着いた地区です(
何度目かのパリならこの辺りをゆっくりお散歩するのも楽しいかも
ご興味を持ってくださる方よろしくお願いします


トゥール・ド・フランス(フランス紀行)コース:ドーフィネ地方

関連記事はコチラ→

関連記事にあるようアルプスに近いフランス東部の山岳地方
この地方は長らく皇太子親王領とされた地方で
そのためフランスの皇太子のことを“ドーファンdauphin”というんですよ
是非お楽しみに


リストワール・ド・フランス(フランス歴史の旅)コース:フランク王国カロリング朝

1月から始まったこのコース
ルネッサンス期辺りまで待たないと料理に関してはかなり寂しいのですが
歴史的にはなかなか面白くなってきた中世初期です(
もう一度世界史(フランス史)をしてみると
料理、絵画、音楽、洋画などなどいろいろ深く楽しむことができるんじゃないかな
どうぞ皆様新しいコースをこれからよろしくお願いします


パリ20区めぐりコース、フランス紀行コースとともに
歴史、地理、文化などを料理とともに考察する
アカデミックな講座だと自画自賛のサロン・ディーオお勧めのコースです
ご興味のある方はご遠慮なくご連絡くださいませ
よろしくお願いします()







是非、お楽しみに




では今月もよろしくお願いしますクローバー



ご興味がございましたらお気軽に右のメールフォームなどからお問い合わせください。







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2014.03.09 Sun l 今月のメニュー l コメント (0) トラックバック (0) l top