人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



*今年も12月25日までこちらをトップページに置きます♪
 新しい記事はこの記事の下からにて更新していきます♪
 よろしくお願いします♪


 とても長い記事ですのでご容赦くださいませm(--)m


迎春2016年サロン・ディーオのおせちのご紹介です




ケータリング・おせち2015和
2015年サロン・ディーオの和のおせち

ケータリング・おせち2015洋
2015年サロン・ディーオの洋のおせち





今回なんと10回目(祝)となりますがサロン・ディーオでは
皆様の迎春を祝うケータリングのおせちをご用意させていただいています。


毎年のことですが
のんびりというか仕事が遅いサロン・ディーオですので
告知宣伝など後手後手になりがちですが
今回はおせちを始めて10回目という節目の年ですし
また2004年に始めた料理教室も
みなさまのご協力のもとなんとか続けることができ
いろいろな意味でまたこれからの未来を考えて
決意を新たにがんばっていかなくてはと
今回はいつもより攻めの告知宣伝をがんばろうかと思ってます(


おせちプロジェクトを例年に増し心を込めて精進してがんばりたいと思ってます
ということで2016年迎春のおせちの宣伝です


サロン・ディーオでは
予算の範囲内でサロン・ディーオ自身も口にする
安心できるベストの食材を使い作り置きなどなく
ご家庭で年末作ってお食事いただくのと同じ状態でお届けいたします
派手な食材を増やすよりはBIOなど安心の野菜など選んでいくつもりです。
たとえば国産活〆車えびが高騰し予算におさまらなかったので
安価な既成のインスタント冷凍ものを使うよりはと
昨年は評判のよいオーストラリア産に切り替えました。
毎年の経験を反省と共に学びよりよい食材やメニューを選び
皆様にお届けできるよう願ってます


毎年リピートくださる皆様にも
また新しくサロン・ディーオのおせちを試してみてくださる方々にも
喜んでいただける新春にふさわしいものをと精進するつもりです。


宅急便にての遠方への配送も過去6年順調にお届けできており
ご興味を持ってくださる方などお問い合わせご注文いただきましたら
大変嬉しいです
よろしくお願いします


どうぞよろしくお願いします。
またお知り合いの方などにもお勧めいただけましたらとても嬉しいです。
よろしくお願いします。




サロン・ディーオおせち詳細です。


和の段、洋の段の2段仕立て、(一応2人分です)
*オードブル感覚でしたら充分3~4人分あります

お値段:¥15000(税込み)

40セット限定です。

基本は31日12時以降アトリエ引取りでお願いしています。
*30日17時以降引取り、31日午前中引取り、1日引取りについては
 出来る限り対応させていただこうと思っておりますのでご相談くださいませ。


クール宅急便代着払いで配送もいたします。
(30日夕方出31日着扱い、時間指定可・一部地域例外あり)
昨年例 愛知・岐阜・三重・東京・大阪 1188円
      四国                 1404円


ご注文は基本的にはサロン・ディーオのお知り合い、料理教室関連、ご紹介の方
ケータリングなどお取引させていただいた方に限らせていただきます。


ご連絡先: kumi@kougetsuiio.com




ケータリング・おせち2015

このような状態でアトリエ引取りの方には専用の手提げバッグ
宅急便の場合は保冷用ダンボール箱にて発送いたします。


*2015年のメニュー例
伝統の和の段
金箔黒豆(石川県金沢産金箔、兵庫県丹波篠山産)
出し巻き卵(愛知県産うまみ卵)
牛肉のしぐれ煮(岐阜県産飛騨牛、高知県産しょうが)
つぶ貝うま煮(カナダ産)
いくら醤油漬け(北海道標津産)
鰤の西京焼き(愛媛県産“宇和海産寒ぶり養殖”)
紅白大板蒲鉾(大阪府戎橋“大寅㈱”)
数の子(カナダ産)
活〆急速冷凍車海老つや煮(オーストラリア/エクスマウス産)
網笠柚子(高知県産)
飾り生麩(愛知県“㈱くすむら”)
里芋の唐揚げと炊き合わせ(新潟県産里芋、香川県産金時人参
大分県産原木乾どんこしいたけ)
小鯛ときゅうりの粟漬け(福井県小浜市“木五商店”小鯛ささ漬け、愛知県産きゅうり)
氷頭なます和え(青森県“㈱味の加久の屋”氷頭なます、香川県産金時人参)
紅白柿膾(静岡県産大根、香川県産金時人参、長野県産市田柿)
田作り(京都府宮津産天日干し)
栗きんとん(和栗の甘露煮、徳島県鳴門産金時さつまいも、スペイン産サフラン)
新春の洋の段
飛騨牛のブルゴーニュ風赤ワイン煮(岐阜県産飛騨牛、北海道産玉ねぎ
静岡県産セロリ、カベルネS)
野菜のブレゼ(愛知県産にんじん)
イベリコ豚のリエット(スペイン産イベリコ豚ぺジョータ、北海道産玉ねぎ、明治十勝生クリーム)
パルマプロシュート14ヶ月熟成(イタリア産生ハム)
コッパ(イタリア産生ハム)
モルタデッラ(イタリア産ソフトサラミ)
合鴨ロースのスモーク(三重県産“㈱松坂ハム”)
チョリソ・イベリコベジョータ(スペイン産イベリコ(どんぐり)豚)
コルニション(ドイツ産瓶詰め)
ミュンヘナー・ヴァイスヴルスト(ドイツ産白ソーセージ、スイートマスタード“ヘンデルマイヤー社”)
ベーコンといろいろ豆のサラダ(“信州ハム”吊るし炙りベーコン
アメリカ産乾燥キドニービーンズ、メキシコ産乾燥ひよこ豆、アメリカ産乾燥レンズ豆
アメリカ産冷凍グリーンピース、イタリアシチリアパキーノ産ドライトマト)
フォアグラとドライフルーツのケーク・サレ(ハンガリー産フォアグラドワ、アメリカ産クランベリー)
冷製キングサーモンスモーク(ノルウェー産トラウトスモークサーモン、スペイン産瓶詰めケーパー)
*飛騨牛の赤ワイン煮といろいろ豆のトレイはそのままレンジ可です。温めてお食事くださいませ。
*白ソーセージは90度のお湯で温めるかそのまま皮を剥いてお召し上がり下さい。高温ですと割れる可能性があります。皮も食べれないことはありません。




過去のおせちの写真


ケータリング・おせち2014和
2014年サロン・ディーオの和のおせち

ケータリング・おせち2014洋
2014年サロン・ディーオの洋のおせち

ケータリング・おせち2013和
2013年サロン・ディーオの和のおせち

ケータリング・おせち2013洋
2013年サロン・ディーオの洋のおせち

ケータリング・おせち2012和
2012年のサロン・ディーオの和のおせち

ケータリング・おせち2012
2012年のサロン・ディーオの洋のおせち

ケータリング・おせち2011和
2011年のサロン・ディーオの和のおせち

ケータリング・おせち2011
2011年のサロン・ディーオの洋のおせち

ケータリング・おせち和10大
2010年のサロン・ディーオの和のおせち門松

ケータリング・おせち洋10大
2010年のサロン・ディーオの洋のおせち門松

ケータリング・おせち09
2009年のサロン・ディーオのおせち門松

ケータリング・おせち和08
2008年のサロン・ディーオのおせち、“伝統の和の段”です

ケータリング・おせち洋08
2008年のサロン・ディーオのおせち、“新春の洋の段”です




和の段は決まり物のものがあるので
(黒豆とか数の子とかごまめとかなますとか・・・)
毎年ほとんど同じ内容ですが
洋の段のほうは毎年試行錯誤少しずつ変わっています



容器その他も毎年進化してきますので
(電子レンジOKの中皿とか抗菌シートなどなど)
皆様によりおいしく召し上がっていただけるよう
心を込めてお作り申し上げています



ご興味がございましたら是非是非よろしくお願いします福助






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです


2015.12.25 Fri l ケータリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




このシリーズは(えっ?・笑)映画を見てからは
1年半ぐらい経っちゃっていることになっちゃうけれど(
少しずつ思い出しながら鑑賞日記続けていこうと思ってま~す
覚えているかな(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・黒いスーツを着た男
この回はコレ
他が酷すぎたかな?(笑)





前回に続きDVDレンタルの続きです(
2014年5月分として借りた8枚を勝手に紹介

では、紹介行きま~す



サイド・エフェクト(2013年)
ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム
うーん題名と出演者だけだと忘れてた(
映画の紹介読んできて思い出しましたよ(
テイタムとマーラが夫婦でマーラがテイタムを殺すんだけど
うつ病の治療薬の影響下だったから無罪放免だよーんって主張で
その処方したのが担当医のジュード・ローでわちゃわちゃ・・・
で、ネタバレだけどゼタ=ジョーンズとマーラはレズ同士で
実はこの2人が保険金とそのうつ病の薬の製薬会社の
株操作での儲けを狙った計画犯罪だったってことでちゃんちゃん・・・
なんかね、この4人とも同情したり感情移入するようないい人でもなく
これだけワルじゃ悲惨な最期ある意味スカッとするみたいな感じでもなく
なんとなくヤな感じっ寄りのあんまりどうでもいいっていうか(
っていうかどいつもこいつも魅力的じゃない人物像っていうか
そこそこ有名というか主役張れる系の4人なのに・・・
本来そう大好きでもないけど嫌いでもない俳優なのに
なんとなく地味にイヤーな人達(
ヤッてくれたわねって感じでもない
ただのイヤーな感じの映画だったよううな(


黒いスーツを着た男(2012年)
ラファエル・ペルソナ、クロチルド・エム
前回の恋のベビーカー大作戦(2012年)に主演してた
アラン・ドロン(再び古っ!・笑)の再来と言われてる
ラファエル・ペルソナの出世作
フランス人らしく角度によっては
ちょっと線が細くて貧相に感じるときもあったけど
まぁ騒がれるのは納得っていうような「美しい男」でした(
映画の内容はサスペンスというか
あっと驚くほどでもないけどつまらないってほどでもなく(


悪の法則(2013年)
マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス
ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット
リドリー・スコット監督作品だからか犯罪がバブルっぽいというか
拝金的な(まぁ犯罪だからそうなんだろうけれど・)下品な空気感
バルデムとディアスのカップルが
まさしくドンピシャステレオタイプの厭らしさ(
ファスベンダーは「バカ
弁護士になって社会人デビューして世の中舐めちゃったみたいな(
そしてクルスは悪いことしてないのに悲惨な最後なんだけど
この人そんな簡単にやられちゃう可憐なタイプにみえないから
違和感ありありでミスキャストな感じが・・・
ブラッド・ピットはなんでもわかってる風かっこつけちゃってたのに
最後にやられて笑えた(私、かなりこの映画斜めに見てるわ)
まさしくハリウッド映画って感じなんだけど
これまたイヤな印象の映画だったような(


ムード・インディゴ~うたかたの日々~(2013年)
ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ
ボリス・ヴィアンの「日々の泡(うたかたの日々)」が原作ですって
ほとんど記憶がないっていうか
つまらなかったなという記憶だけしかない(
ごめんんさいm(--)m


クロワッサンで朝食を(2012年)
ジャンヌ・モロー、ライネ・マギ
往年のパリジェンヌ(とはいうものの元はエストニア人)の
意地悪ばあさんのジャンヌ・モローと
彼女の世話をするためにエストニアからきた
家政婦のライネ・マギのアレコレ
まあさすがジャンヌ・モローっていうのか面白かったです
エッフェル塔とかベタなパリの街が映るんだけど
やっぱりたまに行きたくなるな~


大統領の料理人(2012年)
カトリーヌ・フロ
実際にミッテランに仕えた女性料理人の話をモデルにした映画
エリゼ宮ならではのあれこれが描写してあって面白かった(
今は映画の時代とは20年~30年違うから
いろいろ変わっただろうしどうなんだろう
そういえばオランドって子供のいたロワイヤル女史と別れて
ジャーナリストと事実婚だったけど女優と浮気してこちらも解消で
今ひとりぼっちだよね
エリゼ宮も経費削減できてるのかしら
前のサルコジ&カーラ・ブルーニは
経費バンバーンってイメージだけど(
映画には関係ないけれど
13日の金曜だからかパリのテロ事件後
非常時宣言3ヶ月延長ってやり過ぎじゃないのとか思っていたけど
ブリュッセルの地下鉄全面封鎖とか思いのほかすごそうだし
かなりいつもと違う感じで本当にかなりな脅威なのかな(


ターミナル(2004年)
トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
この元ネタのフランス映画は随分前にみていて
そしてこの元ネタのCDGの住人の話も知っていたけど
(実際に見たことはないけど・
普通にハリウッド映画って感じで面白かったです
ホント海外行くと菊のマークのパスポートは強いよね
安心安心(


インセプション(2010年)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ
キリアン・マーフィー、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン
なんだろSF系
人の夢の中に入ってどうのこうのって
第1次階層の夢を操作するために第2次階層へ・・・
わけわからんわ
人集めてお金かけてハリウッド映画だよーんって感じかな(
そして普通ーって感じ






なんか、映画見たとき心が荒んでいたのか
それとも今このブログ書いている時点で心が荒んでいるのか
特にわかりやすい有名俳優起用のハリウッド映画に嫌悪感がある感じで(
つまらなかった嫌いーっていうすっきり感もなく
どの映画もイヤーな印象
私、病んでたのかな(るのかな
とりあえずのDVD視聴日記でした(^^)






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2015.12.20 Sun l 映画DVD鑑賞 l コメント (2) トラックバック (0) l top