fc2ブログ
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




とんとーんといきますよ(
ほんとかな(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・アスファルト
息子のベンシェトリがいいから



さあて再びDVDレンタルの続きです(
2018年3月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



ロング,ロングバケーション(2017年)
ドナルド・サザーランド、ヘレン・ミレン
大学教授だった夫サザーランドはアルツハイマーに
妻ミレンは末期がんに犯された夫婦が思い出が詰まったキャンピングカーで
夫が研究していたヘミングウェイの家があるキーウェスト目指して
ボストンから旅する映画。
途中いろいろなエピソードがあり
結果ある意味の尊厳死なのだろうか
夫に薬を飲ませ寝かしつけた後
ミレンは子供たちに手紙を書き大量の睡眠薬飲み
車の排気ガスが車内にこもるようにして眠る・・・
死を待つのではなく楽しく思い出を遡り2人で死を。
ミレンはなんか鼻につく女優だけどこの映画はよかった。


ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年)
ヴァンサン・カッセル
サマセット・モームの「月と6ペンス」とか
ゴッホとのくだりとかゴーギャンの人となりとか伝記はなんとなく知ってたけど
これはゴーギャンの1回目のタヒチ行きのときの話らしい。
好みじゃないけど見た目系の俳優と思っていたカッセルがなかなか良い味を。
とはいうもののふけ過ぎというかおじいちゃんみたい(
同じぐらいの歳だと思うけど
(1つ2つ上だった、まあね、お歳だけどおじいちゃんおばあちゃんの歳ではないよ・
今の我々が南国に感じるものより
あの頃のゴーギャンが感じたカルチャーショックが
あのエネルギーを生み出したんだろうなと。
そうはいうもののあの時代だって
ゴーギャン以外にもタヒチに渡った芸術家もいただろうけれど
生前に売れなかったけれど才能が花開いたのはゴーギャンなんだなと。


アスファルト(2015年)
イザベル・ユペール、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ジュール・ベンシェトリ
この映画よかったような。
最近ヴァネッサ・パラディと結婚したサミュエル・ベンシェトリの監督作品。
まあ、話自体は同じ団地に住む3つのわけわからん話が進んでいくんだけど
俳優たちがいいのか空気感がいいのかせりふがいいのか
わけわからん話なんだけど見飽きない(
特にさすがユペール(そんなきれいとは思わないんだけど結構な歳で女だし
これまたフランスババアに共通ななんでお前はそんなにエラソーなんだだけど
それを見逃すというのか合わせさせちゃう魅力オーラがあるというのか・笑)
それと相手役の少年、監督の息子のジュール・ベンシェトリがいい。
(撲殺で死んじゃったジャン・ルイ・トランティニャンの娘マリーとの息子)
まあまあかっこいい子でもあるけど華があるというか存在感があるし
演技というか動きもいい
面白いと感じた映画だった


キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年)
コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガートン
マーク・ストロング、ハル・ベリー、エルトン・ジョン
チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス
前作も観てまあまあだったので今回も
今回もドタバタコメディ風スパイ映画で
なんだか俳優人が豪華なような(
普通に楽しめました


ジャスティス・リーグ(2017年)
ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ガル・ガドット
エズラ・ミラー、ジェイソン・モモア、エイミー・アダムス
ジェレミー・アイアンズ、ダイアン・レイン、J・K・シモンズ
こちらもハリウッド映画っていうのか普通に面白いっていうか魅せる(
アフレックってバカっぽいから嫌いなんだけどコレはなかなかいい。
カヴィルはイギリスのTV歴史ドラマ「チューダーズ」では
かっこいいのにこのスーパーマンはいまいちつくりものっぽくて
前作ではカヴィルのスーパーマンの恋人がアダムスで
なんとなく年齢的にイメージ的に違和感感じたけど
今回はあんまり感じなかったかななぜ
アダムス嫌いだったけど「メッセージ」とか「人生の特等席」とかで
嫌悪感薄れたからかしら
アイアンズやレインは好きな俳優だし。
レインに関しては老け役過ぎなイメージもするけど(


ハッピーエンド(2017年)
ジャン=ルイ・トランティニャン、イザベル・ユペール
カレーに住む3世代同居の裕福な家族のそれぞれ。
一見問題なく暮らしているようで蓋をあけたら・・・
それにしてもフランスのカレーが移民が多くその問題を抱えてる街とは知らなかった。
確かにイギリスへの玄関口だから
イミグレの厳しいイギリスに渡れない戻された移民が居ついてって感じかな。
トランティニャンってブリジット・バルドーの浮気相手ってイメージだったけど
おじいさんにになっていい味出している感じで
若い頃の映画みてみようかなと思ったり。
(もちろんリアルに知ってる話じゃないけど
子供の頃に親とかがエリザベス・テイラーとかブリジット・バルドーとか
話しているときのゴシップ話が印象的だっただけ)
ユペールはそんなにきれいとは思わないんだけど
それにエキセントリックでエラソーな感じも素敵とは思わないんだけど
歳にしたらババアじゃなくて「女」なんだけど
それがあまり違和感なく感じるのはフランス女だからかしら


ダウンサイズ(2017年)
マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ
地球の人口が増えすぎた対策で人間を縮小化させて・・・
っていう不思議な設定の未来を描くSF映画
なんかいろいろつじつまが合わない感もあったけど
デイモンの映画って結構観ちゃうんだよな(
イヤなやつを演じさせたら天下一品のヴァルツ
私のお気に入りのイヤなやつとはちょっと違うけど
これまたいけ好かないイヤなやつをお見事に演じられ(
ヴァルツ好きじゃないし嫌いなんだけど好みだなー(


ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2017年)
メリル・ストリープ、トム・ハンクス
ベトナム戦争の機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を暴露した
ワシントン・ポストの一連の動きを表した史実の映画。
ストリープとハンクスで文句ないでしょうって感じ(
もちろんよく出来た映画だけど
その興味があるってことなかったのか普通な感じかなー(




9月中にUPできて(
引き続き書いていきまーす(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2018.09.27 Thu l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪



続いていきますよー(
DVD映画鑑賞日記以外もいれていきたいけど(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・マトリックス
あらためて若い頃のキアヌ・リーブスきれいだな



さあて再びDVDレンタルの続きです(
2018年2月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



マトリックス(1999年)
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス
ヒューゴ・ウィーヴィング、ジョー・パントリアーノ
あらためてマトリックスですよ(
キアヌ・リーブス、今wikipedia見てきたら
「危険な関係」「ハート・ブルー」は覚えがあるけれど
リアルタイムでみたかどうかは???
確実に認識した記憶は「マイプライベートアイダホ」
当時パリに短期留学という名目で滞在してて
リヴァー・フェニックス目当てでもないけど
友達と観にいったはいいけど英語音声のフランス語字幕(
それにまだゲイ・パレードもおおっぴらでない当時の20台前半。
特に日本ではあまり目にも耳にもしなかったけど
パリに来て「そんな世界があるのね、へぇー」なんて思い出した頃で
言葉の障害もあるけれどいまいち内容も???だったけど
キアヌ・リーブスの存在感はばっちり記憶したというのか。
マトリックスは騒がれただけあって
リーブスもきれいだし魅力的だし
いまいち仮想と現実の交差に頭がこんがらがるけれど
時代を超えてたいくつさせない面白さがあるように思う(


マトリックス リローデッド(2003年)
キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ローレンス・フィッシュバーン
モニカ・ベルッチ、ヒューゴ・ウィーヴィング
前作「マトリックス」に引き続き
仮想と現実に頭がハテナ?となるところもあるけれど
概ね面白くハリウッド映画って感じ(
知ってる映画でもあらためて観るといいね。


マトリックス レボリューションズ(2003年)
キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン
キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィーヴィング
「マトリックス・リローデッド」と続く内容で完結作
更に話はややこしくなるけれど(
この3部作観て損はないって感じ。
「ジョン・ウィック」のリーブスもそんなに劣化してないと思ったけど
やっぱり若いしスッとしててきれいだねー(
キアヌ・リーブスの映画いろいろ見直そうかな。


ドン底女子のハッピー・スキャンダル(2011年)
エヴァ・ロンゴリア、クリスチャン・スレーター
ほんと文字通りの駄作(
エヴァ・ロンゴリア主演ってとこでB級臭は感じてたけど
スレーターが出るならば意外に面白いかと思ったけど・・・(
たくさんこのDVDレンタルで映画観てきたけれど
フランスのわけわからんバカンス旅行に出て
車のトラブルで高速道路でっていう腹が立ってくるぐらい詰まらないのと双璧(
っていうか途中から流してただけで観てないし・・・


ビューティフル・マインド(2001年)
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス
ノーベル経済学賞受賞のアメリカの数学者ジョン・ナッシュの自伝的映画。
とはいうものの実際とは異なる部分が多いようだけど。
ラッセル・クロウがまだ太ってないかな(
あの人「グラディエーター」の人って疑問なんだけど(
従妹がMITにいるのでああいう雰囲気の中で生きてるのかなと。
ちょうど2、3年前に本物のジョン・ナッシュ夫妻が
事故死したニュースをみたからリアル感があった(実際と違うらしいけど・


戦場のピアニスト(2002年)
エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン
ポーランド系ユダヤ人のピアニストのシュピルマンの自伝的映画。
ナチス侵攻のポーランドでのシュピルマンの生き抜きと
それを助けたナチス将校の交流を描いてるけど・・・
やっぱり戦争って悲惨だしホロコーストの悲劇には顔を背けたくなる。
宗教や民族やいろいろな争いが起こるのはしかたがないと思うけれど
それでも最後の人間の尊厳は守って戦うということはきれいごとなんだろうか。


オリエント急行殺人事件(1974年)
アルバート・フィニー、ショーン・コネリー、ヴァネッサ・レッドグレイブ
ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ジャックリーン・ビセット
昔のが観たいなと
まあ、年齢的にリアルタイムで観たわけじゃないけれど
なんとか劇場とかのテレビでみたことはあり。
原作は中学生か高校生の頃
仲良しが漫画が好きで毎日のように学校帰り本屋に寄っていて
(自分だけ漫研の人と思われたくない友人に無理矢理読まされていたので
ってか自分で買うほど好きでもなかったけどあれば読むじゃん・笑)
私はクリスティとかエラリークイーンとか推理小説など
よく買ってたから知ってた。
みんな懐かしい俳優女優たちで
今思えばみんなそこそこ若いなーって。


ブルージャスミン(2013年)
ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス
実在の人物がモデルらしいけれど・・・
実際は詐欺師同然ながら投資会社などを経営している成金と
大学を中退して結婚してその後自分自身のキャリアを積まず
消費生活だけ続けてきた主人公が夫の逮捕自殺によって
一文無しになって精神状態が危うくなって・・・・・
この映画はかなり主人公をバカにしているけれど
現在はそういう生き方はあまり誉められた生き方ではないというものの
少し前まで専業主婦が多数を占める時代には
致しかたのない結末なんじゃないかな
まあ、子供がいない、頼る家族がいないっていうならば
安易な消費生活をするだけでなく
どこかに自分が属する社会を見つける努力をすべきだったんだろうけど。
まあ、映画は夫の破滅も本気の浮気を告白された主人公自ら
FBIに密告して起こったわけだし
義理の息子も本当にあっさり縁を切るし
お互い養女同士というものの姉妹で育った妹も
行くところのない姉を家に住まわせているというものの
距離感があるというのか親身ではないし。
結局は冷静な判断能力もなく
そんな人間関係しか築いてこれなかったバカな女ってことかな(




この調子で続けて書いていけますように(
引き続き頑張りまーす(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2018.09.15 Sat l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




やっと2018年分スタート(
サボらずとんとーんと続けていきたい(
とか言ってたけど間が空いちゃいました(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・ルージュの手紙
ドヌーヴってなんでこんなにエラソーなのかと思うけどやっぱりきれいだよね



さあて再びDVDレンタルの続きです(
2018年1月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



LION/ライオン ~25年目のただいま~(2016年)
デーヴ・パテール、ルーニー・マーラ
デビッド・ウェナム、ニコール・キッドマン
5歳のときインドで迷子になり親元に帰れず
里子としてオーストラリアで成長した青年が
25年の時を経てGoogle Earthにて
迷子になった地点から逆算していき家をつきとめ
本当の母親と再開した実話の映画化。
たった25年前なのにそれ以上の時代錯誤が普通のインドの貧困、混沌に驚く。
Google Earthはすごいと思うとともに
たった25年前なのになぜあの時親元に帰ることが
不可能であったのかに驚くのは日本で生きてるからなのかな。


マイ ビューティフル ガーデン(2016年)
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、トム・ウィルキンソン
アンドリュー・スコット、ジェレミー・アーヴァイン
不思議ちゃん系女子が実はオーナーの隣人の思惑で
イングリッシュガーデンを整えることになりのてんやわんや。
なーんかイギリスの映画だから当たり前なんだけど
イギリスっぽいって感じたな(あんまし好みではない・
最近いくつかの映画でジェレミー・アーヴァインみたけど
これから売れるのかなって


ルージュの手紙(2017年)
カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ
話は真面目なシングルマザーの助産師フロと
流れるように華やかに蓮っ葉に生きたけれど
癌に侵され歳をとった義理の母のドヌーヴの
(ってか不倫略奪したのち他の男と駆け落ちしてフロの父親は自殺)
反発しながら最後それぞれの立場を思いやりわかりあったような・・・
最後はドヌーヴがセーヌに身を投げたような想像掻き立てる終わり方・・・
もうここまできたら「さすが、あっぱれ!」と言わざるをえないドヌーヴ(
往年の美貌もってな感じにやはり歳だから(もちろん歳にしたらびっくりだけど)
太っちゃってるし崩れてるけどなんでそんなにエラソーなのって
「私は魅力的なきれいないい女」ってめっちゃ堂々と
フランス女にありがちだけど
歳をとってもおばさんやおばあさんでなく「歳を重ねた女性」
うーん、確かにアンチエイジングでパンパンの顔の人よりかっこいいかな


レッド・スパロー(2018年)
ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ
シャーロット・ランプリング、ジェレミー・アイアンズ
気分が悪くなるというのか嫌な気分になる映画だったというか(失望
芸達者さんたちが出てて上手くできた映画なのかもだけど
題材がえげつなさ過ぎる。
ロシアの情報機関のハニートラップ養成機関とか拷問とか・・・
それにしてもスーナールツがプーチンにしかみえない(


ノッティングヒルの恋人(1999年)
ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グランド
懐かし過ぎる(
1999年、ロバーツもグランドも若いなー。
当時映画館に行って観たわけではないけど
雑誌などで映画については知っていて
ありがちな恋愛ものって思ってたけど(ミーハーなくせにこういうミーハーは嫌い・
ロンドンに行ったときにポートベローに行くくらいは影響受けたかも(
でも今観たらロバーツもグランドもちょっとバカにしてたけど
やっぱり結構いいじゃんって思うのはノスタルジー爆笑


GIFTED/ギフテッド(2017年)
クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス
IQが高い子供のことを「giftedギフテッド」というらしい。
ギフテッドで優秀な数学者だったが
若くして自殺した姉の子を育てるエヴァンスと
同じくギフテッドな才能を魅せる孫娘を能力を愛するがゆえに
親権を取ろうとする祖母(自殺した姉とエヴァンスの母親)
自殺した姉は母親の態度に批判的で
弟であるエヴァンスもそんな姉に同情的であり母親に反発していて・・・
この子供役のマッケナ・グレイスがちょっとエキセントリックな
それでいてキュートでかわいかった。


パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(2017年)
ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ
オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
アホみたいだけどやっぱりよく出来た映画というのか楽しかったというか(
それにしてもバルデムは相変わらずラクダというのか気持悪い。
スウェイツは図らずともいくつか観てるけど
(マレフィセント、ギヴァー、キングオブエジプトなど)
好青年チックで歳より若くみえて映画的にも使いやすい感じで。
ブルームは好みじゃないけど「ボー・ギャルソン
ナイトレイも歯が怖いし魔女っぽいけど存在感あり。
ジョニデのおじちゃん役で
ポールマッカートニーが出てたらしいけど気づかず(
そういえば歌ってたシーンあったわ・・・


ザ・サークル(2017年)
エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボイエガ
内容は違うけどこれまた「レッド・スパロー」並に気分の悪い映画だった(
究極のSNSというのかプライベートの透明化というのか
最終的には個人情報の独占を狙うIT企業トップのハンクスに
踊らされたワトソンの純粋な狂信的情熱が怖い・・・
また本来のキャラとお似合いというのか
いい子そうに純粋っぽく信じて疑わないって感じがお上手というのか。
ああいう子が結局はいちばん問題児なんだろな。




ようやく2018年分に入って頑張るぞー(
今年中に終われるかなー(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2018.09.12 Wed l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top