上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




またまた油断してしまい間があいてしまいましたがと書いて2、3週間
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
とりあえず書きかけのコレをUP
サロン・ディーオの6月のメニューは明日以降UP予定で

引き続き私の勝手なDVD鑑賞のお話です(
過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ




映画・シスタースマイル
今回はどれもそこそこというか
特に心惹かれるものがなかったんですが(





DVDレンタルの続きです(
4月分として借りた8枚を勝手に紹介
やっとまあまあリアルタイムでみてるんじゃないかな
とにかく頑張って見てました(

では、紹介行きま~す



アレキサンダー(2004年)
コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー、アンソニー・ホプキンス
うーん俳優陣まあまあ名前の売れてる人たちだし
オリバー・ストーン監督作だしお金かかってそう映像だし
歴史もの好き系のはずなんだけど・・・つまらん
とにかくやたら長くって飽きてきちゃうし
コリン・ファレルが出来損ないのゴツさが出たときのブラピみたいというか
なんかすっきりしないっていうかうっとうしい(><)
うん、好みじゃないんだな、コリン・ファレル


RONIN(1998年)
ロバート・デ・ニーロ、ジャン・レノ、ステラン・スカルスガルド
普通におもしろかったです
パリとかニースとかローマの街が舞台で親近感湧くっていうか(
ロシアマフィアが出てくるんだけどいかにもで(


ヒューゴの不思議な発明(2011年)
ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、ジュード・ロウ
スコセッシ監督の3Dでアカデミー賞複数の部門ノミネート&受賞
確かに見ごたえあるというかよく出来たファンタジー
こういうのってこういう映画作りたい人たちには
とっても遣り甲斐があるというのか楽しい仕事だったんだろうなって
想像ができる映画でした


ドリームハウス(2011年)
ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ
二転三転するよくできたサイコスリラーかな
よくみてないと“えっ、どーゆうこと”と思うけれど
最終的には“なーるほどそういう伏線だったのか”と(
それにしてもまた言っちゃうけれど
ダニエル・クレイグって老けてないあんなもの
汚いとかカッコ悪いわけじゃないけれど “同級生かよって
やたら脱ぐところも痛いわ


レ・ミゼラブル(2000年)
ジェラール・ドパルデュー、ジョン・マルコヴィッチ
シャルロット・ゲンズブール、ヴィルジニー・ルドワイヤン
今年のハリウッド大作版ではなく(6月後半にレンタル開始らしい)
フランスのTVでのミニシリーズ版
マルコヴィッチ以外フランス人の俳優なのに“なぜに英語”って(
ウィキペディアしたら英語版フランス語版同時に撮影したらしい。
ドパルデューが長編の作品に忠実に再現したいがため
時間的制約がある映画ではなくあえてドラマ化したということもあり
見ごたえはあったけれども長かったー
ユゴー、デュマ、バルザックの3巨頭とスタンダールなど
もう一度腰をすえて読み直してみようかな(


ビッグ・フィッシュ(2003年)
ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ
ジェシカ・ラング、マリオン・コティヤール、ヘレナ・ボナム=カーター
まぁくだらない話なんですが
私、ユアン・マクレガー好きなのかな結構見てる感じがするー
ティム・バートン監督のイメージとちょっと違う感じもしたけど・・・
ヘレナ・バナム=カーターって“眺めのいい部屋”の
令嬢役の頃とイメージ違うー
ティム・バートンと結婚して作品の常連になってから
ちょっとヘンなオバサンちっくなヘンな人役が多いっていうか
まぁ普通かな(


シスタースマイル、ドミニクの歌(2010年)
セシル・ドゥ・フランス
この“ドミニク、ニク、ニク、サン アレ トゥ サンプルモン
Dominique, Nique, Nique, S'en allait tout simplement”が
こんなドラマの元に作られた曲だとは知りませんでした。
こんな明るいメロディーがかなり性格破綻気味の修道女作なんて(
いつ耳にしたのかわからないけれど耳に残っていて
あと16、7年前かなフィーチャーしたアレンジ変えたバージョンで
流行ったことないフランスのローカルでの話かなぁ
フランス人の子が聴いてた記憶あるんだけれど


クロッシング(2009年)
リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル
なんか地味な感じも否めなかったですが
上手くできた話っていうか物語の流れがまとめてあるというか(
タイプの違う3人の警官が最後1つの場所で交差する流れなんですが
俳優のレベルの割りに地味というかB級感というか
上手くまとめてあるし普通に楽しめるんだけれど・・・




遅れましたが4月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2013.06.10 Mon l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/380-e9fc8a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。