上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




一応今回が最後の私の勝手なDVD鑑賞のお話です(
ひょんなきっかけでレンタルを始めて1年半かな
1ヶ月に8枚観るのはなかなか結構ハードでしたがここでちょっと休憩です(
2012年の1月からだから19ヶ月×8枚でナント152作品すごいなー(
しばらく休憩で年末は超忙しいので機会があればまた来年の年明け頃再開します

過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ

映画・ああ無情
なんでだろ
先月から縮小できないの
お料理の写真は今まで通りでできるんだけど???





さあてDVDレンタルの続きです(
7月分として借りた8枚を勝手に紹介
これブログに書くの結構大変だったので()少しホッとしてます(

では、紹介行きま~す



砂漠でサーモン・フィッシング(2011年)
ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス
うーん普通かな(
面白かったとかジーンときたとかはないけれど
つまらかったとかお金返せーって感じでもなく()フツーって感じ
スコットランドでもイエメンでも(ロケ地は違うかもだけど)
景色はきれいだったかな(^^)
それにしてもクリスティン・スコット・トーマス演ずる政府の広報官の
厭らしさがなんだかリアルでたぶん実際の世の中も
あんな浅はかさで薄っぺらい感じに動かされているんだろーなーって(
それにしてもユアン・マクレガーって働き者なのかしら
それとも私が好んで彼の出演作を多くみてるのかなー


ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012年)
スラージ・シャルマ、イルファーン・カーン、タッブー、レイフ・スポール
アカデミー受賞などの影響でレンタルリストに入れたんですが
確かにCG加工のトラも海もリアルでキレイでしたが
いろんな意味でありえないだろとなんだか“ふーん”って感じでした(
弱肉強食なんだろうけれど救命ボートに非難してすぐ
シマウマがハイエナに食べられちゃって・・・
実際の話でないにしても日にちが経ったら臭かっただろうなーって(
インド人主人公だから当然なんですが
知らない俳優達のなかでジェラール・ドパルデューが
粗暴なきたないチョイ役の(花を添えているのか)船のコック役で
元々シラノ・ド・ベルジュラック演じたみたく特徴のある顔で身体だし
ロシア移住しちゃったしホント仏人っていうよりロシアのきたない大熊みたい
もうちょっと期待してみたんだけど普通かな(


ダウト ~あるカトリック学校で~(2008年)
メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
うーん、メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマン、芸達者っさん
厳格というかちょっと神経入ってる系の強迫観念に囚われている
杓子定規なシスターの学校長役のメリル・ストリープ
進歩的な考え方気さくで人気の高い神父役のフィリップ・シーモア・ホフマン
エイミー・アダムス演じる若いシスターの疑惑からこの二人が対立して・・・
実際に“ナニがあったのか”はナゾのまま終わるんだけれど
フィリップ・シーモア・ホフマン、悪いヤツにみえないなー
まあカトリックの神父のそうゆー事件は実際の世界でも大問題であるし
だまされてるのかなーメリル・ストリープが正しいのかしら
それにしても私的には若いシスターが
自分がふと感じたことを後先やエトセトラ深く考えずに
その行動に責任も持たず疑問を口に出し
それが引き起こしたことに対して“どうしようー”って悩む
バカさ加減に見ていて腹立たしかったような(
ある人が“人間15歳過ぎたら悪気ないは無い”っておっしゃってたけど
“その通り”って思うもん
よく実生活でも“そんなつもりなかった”とか“悪気はなかった”とか
そんなの一応思考を持った人間なら自分の行動や言葉に責任持たなきゃだよねー
“そんなつもりなかった→自分は悪くない”主張ってめっちゃムカツク
“考え足らずで悪かった”とか
“オブジェクションの気持ちがそういう行動にでた”とか
プラスマイナスどっちの方向でもいいから
そのときのその人や事柄にどっちの方向で思い感じて
そういう言動になったか清く認めればいいのに・・・
あー、なんか熱くなったわ(


レッド・ライト(2012年)
キリアン・マーフィー、シガニー・ウィーバー、ロバート・デ・ニーロ
超能力者役のデ・ニーロに対して
科学的解明にて“ウソ”を暴く立場の物理学者役のウィーバーと
彼女の意思を受け継ぐキリアン・マーフィーの戦いみたいな内容
デ・ニーロ、ウィーバーの芸達者なベテラン相手に
キリアン・マーフィー健闘してます(^^)
確かに彼の青い瞳は魅了されるけれど
なんだか線が細いっていうのか役柄のせいかオタクっぽいな
バットマン ビギンズ(2005年)やTIME/タイム(2011年)で
キリアン・マーフィーに興味を持って今回コレをレンタルしたんだけれど
うーんまぁまぁかなー


25時(2002年)
エドワード・ノートン、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ペッパー
まぁ芸達者さんたちの映画ですから何気に魅せてくれました
刑務所に収監されるまでの25時間を描くことによって
彼の人生を通していろいろ描いているんだけれど
地味なんだけど結構良かったです
ちなみに監督はスパイク・リー
で、主人公が冒頭に瀕死の犬を拾ってその後一緒に暮らしていて
刑務所に行くにあたって友人にその犬を託すんだけれど
実際にいろいろ事件があるときにいつも思うのは
加害者被害者どちらでも飼われている犬猫とかペットはどうなるんだろうって(
世の中捨てる神あれば拾う神ありで
今なら富士山で保護された犬とかなら世間の注目もあるから
里親とか探してもらえそうだけれど
山口の殺人事件の犯人に飼われていた
たぶんゴールデンはどうなるんだろうって(
(警察かなんかが連れ出すとこニュースでみた)
で、その後ニュースでその犬のうちの1匹が
ちょうど容疑者逮捕のときに(もちろん別の場所でだけど)
心臓発作系で亡くなったって(
なんか腑に落ちない話ではあるけれど
愛護団体が前日に保護していたみたいだから、うーん
でも前の高知のがけっぷち犬は
野良生まれの野良育ちで人間になれていない子なのに
一般譲渡で素人から見てもそういう子を飼えそうもなさそうな
またそういう犬を飼うことを学んだりする努力をしなさそうな
できなさそうなおばあさんに譲渡して
案の定逃がしちゃったか飼いきれなくなったかで
結局世間の目もあるから殺処分にもできないからって
保健所かの檻の中で飼い殺しって聞いたような気がする(
願わくば富士山の犬が適正な飼い主へ譲渡されますようにと。
ホントわが家の犬たちが天寿を全うするまで
私たちは絶対に死ねないし犯罪も犯せないし(犯すつもりないけど)
被害者にもならないよう気をつけて生きなきゃと感じた映画でした(


ダーク・シャドウ(2012年)
ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター
エヴァ・グリーン、クロエ・グレース・モレッツ
まぁ良くも悪くもティム・バートンジョニデの映画
これ実は昨年10月にシチリア行った飛行機の中で見たんだけれど
ボーっと意識朦朧としたなかでみたので(超乗り物嫌いで長時間フライトは拷問)
ちゃんと見ようと(まぁそろそろレンタルしたいものが・・・で)
ミッシェル・ファイファー、エヴァ・グリーンはさすがにおキレイで
娘役のクロエ・グレース・モレッツ
ヒューゴの不思議な発明(2011年)の時と同一人物にみえない(
女優だなー(^^)


マイ・ドッグ・スキップ(2000年)
ケビン・ベーコン、ダイアン・レイン
はい、これも昔飛行機の中でみた映画の再視聴です
いじめられっ子の少年とジャック・ラッセル・テルアのスキップの交流を
初めて犬がやってきたところから犬の死までを描いた映画
ちょうどわが家の犬コリンを飼いだした頃で
英語かフランス語でみたので全部聞き取りとはいきませんでしたが
もうね、飛行機の中で号泣でした(
もちろん虐待とかの映画ではないんですが
少年が育っていく過程でいつもべったりではなくなり
そのときの寂しそうなスキップの目が・・・(号泣
また今でも感慨深いものを感じますが
10年以上前30歳ちょいの私としては
ケビン・ベーコンのお父さん、ダイアン・レインのお母さんにも
ある意味ショックを受けた記憶が。
まあ彼らの方が年上ですが
私の中では青春映画の主役やってたイメージだったので(
もちろん今回も号泣しました・・・


レ・ミゼラブル(2012年)
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド
エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン
さすがハリウッドアカデミー受賞作っていう感じで(^^)
少し前にフランス版というかジェラール・ドパルデューのを観たんですが
どちらもそれぞれに持ち味があってよかったんですが
さすがこちらは良くも悪くもハリウッドっていう華やかさが
ただジャベールに関してはラッセル・クロウも悪くなかったんですが
マルコヴィッチのあの動かない顔がなんかイメージにハマって(
ウィリアム王子とイートンで同窓というエディ・レッドメイン
今まで鶏顔で好みでなかったんですがマリウス役は
なんだかさわやかでよかったです
ヘレナ・ボナム=カーター、ーとサシャ・バロン・コーエンのテナルディエ夫妻は
コメディータッチで原作のいやらしさとイメージ違いますが
これはこれで面白かったです(




う~ん、なかなか月に8枚は大変でしたが
やはり映画も観ていると楽しいというか(
いろいろ考えさせられるところもあり
少し時間をおいて再開しようかなと目論んでます
とりあえず最後のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2013.07.31 Wed l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/389-56f34876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。