上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




なんとコレが2016年はじめての記事(
今年はもう少しブログを頻繁にアップする・・・・・つもりですぅぅぅ・・・
今年もサロン・ディーオよろしくお願いしますm(--)m

さあ、またもや間があいてしまいましたが
今年もがんばって続けていきますよー(
性格的に面倒くさいことに意外にひとつひとつ順番に
ヤッつけていきたいタイプなのでとりあえず(
だったらサボらずコツコツやれよは百も承知だけどー


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・ホビット竜
なんか今回は全体的に地味な感じで(
やっぱりコレぐらいかな
そして主役じゃないけどエヴァンズバージョン(






さあて再びDVDレンタルの続きです(
2014年6月分として借りた8枚を勝手に紹介

では、紹介行きま~す



マイ・ブラザー(2009年)
トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン
ステレオタイプなストーリー展開の地味な映画かと思いきや
なかなか皆さん芸達者というか静かな演技でよかったですよ。
やっぱりポートマンって巧いのかな
仰々しくなくしっかりと存在感あるし
マグワイヤは線の細さで
兄とか父親っていう位置にはちょっと違和感だけど
戦争でのトラウマを抱えた繊細さはよく出てたかな。
戦場でのシーンは別にしてなんとなくじわじわくる映画でした。


ゼロ・グラビティ(2013年)
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー
ブロックはさておきクルーニーの映画って
なんだかつまらないが持論なんですが
コレは面白かったというか集中力欠けずに見れました
ブロックはステレオタイプなイヤなアメリカ女みたいな
周り省みずおのれの実力把握せずな自信家なくせに
失敗したら見事にパニくってそれでも“私は悪くない~”って主張する役(
で、なんだかつまらない男クルーニーが
この映画ではパニくるブロックを宥め励まし
困難を乗り越えさせるめっちゃいい男に
まあSF映画で後半のクルーニーはまぼろしなんですがね


クラッシュ(2004年)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ライアン・フィリップ
オムニバス式っていうのかな
様々なエピソードと登場人物がストーリーを作り上げ
どこかで少しずつ交差してって感じの映画。
ロスで起こった交通事故に絡む人間模様というか
そこに人種差別とか絡めてって感じかな(
そこそこ有名人が出てて、う~ん、普通かな~


恋するリベラーチェ(2013年)
マイケル・ダグラス、マット・デイモン
実在のピアニストエンターテイナーで
いわゆる小林さちことか美川憲一みたいな感じの
ゲイのおっさんと年下の男の恋の話かな(^^)
時代的にもゲイであることを隠していたらしいけど
ステレオタイプなゲイのおっさんっぽいのを
ダグラスお上手だしデイモンもお上手通り越してキモい(><)
まあ、ハリウッド映画って感じで暇なら時間潰しになるかな(


ホビット 思いがけない冒険(2012年)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、ケイト・ブランシェット
クリストファー・リー、イライジャ・ウッド
ロード・オブ・ザ・ロングの続編「ホビット3部作」の1作目
コレのあと3つとも見たけど普通に面白かった
1作目がどんなんだったか忘れちゃったけど
次を見ようかと思ったってことはまあ面白かったんだと(
やっぱ1年半近く前の記憶は・・・(


ホビット 竜に奪われた王国(2013年)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、ベネディクト・カンバーバッチ
ルーク・エヴァンズ、オーランド・ブルーム
「ホビット3部作」の2作目
コレは内容覚えてる(
ワクワクっていうか次の展開はっていうドキドキ感あったかな(^^)
この役のブルームはお綺麗だしエヴァンズはかっこいいわ
それにしてもモーション・キャプチャーっていうの
カンバーバッチが竜の役って声優だけじゃなくて動きもって(
面白かったです


アメリカン・ハッスル(2013年)
クリスチャン・ベール、ブラッドレイ・クーパー、エイミー・アダムス
ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ
なんか前評判いい割りにあんましって感じだったかな
映画の内容が面白いとか感じる前に
汚いベールとかパンチパーマのクーパーはゲンナリする(
あとどうしてかなエイミー・アダムスって
私の中でレイチェル・マクアダムスと被るだよな~
これもあんましって感じ・・・
ローレンスは好きじゃないんだけど
映画の中で光るなとは思う
たとえばレッドカーペットでディオールの素敵なドレス着てても
綺麗とかオーラとか感じないけど映画の中だと存在感あるよね
演技が上手なんだろうか
うーん、まあまあの映画なんだろうけど
期待した分があったからかちょっと拍子抜けかな(


SHERLOCK/シャーロック シーズン3 VOL.1(2014年)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン
これもシリーズで見たんですが
どれがどれとは記憶なし・・・
でもそれなりに面白かったような(
現代版シャーロック・ホームズなんだけど
カンバーバッチって「英国の至宝」らしいけど
爬虫類系というのかへびみたいと思っていたけど
これでみると「アリかも」という感じも(
さずが英国人っていうかコートがお似合い




かなり記憶が曖昧だな(
まあ少しずつ進めていってリアルタイムになるようがんばります
とりあえずDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2016.01.07 Thu l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/421-2ae94992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。