上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




なんとか気分的にのっているうちにがんばりますよ(
今年はいろいろ行動したいことがあり
意外にひとつひとつ片付けていきたい面倒臭い習性のある私的には
この溜まってるDVD日記もすっきりさせて
結構時間の取る月8枚の契約を一時休止にしたいなと
今にでも止めればいいけど
そこはひとつひとつ片付けたい面倒な性質なので(
(そしてどうしようもなくなったら今度は全て捨てるっていうか
一番どうしようもない性質だよね、自覚症状はあるんだけど・



過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・ノアの箱舟
やっぱこの8枚ならコレかな~
ザ・ハリウッド(





では気を取り直してDVDレンタルの続きです(
2014年10月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



ノア 約束の舟(2014年)
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン
ダグラス・ブース、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス
まあ大作だもの、これぞハリウッド映画っぽい
ドラマとしても違和感なくストーリーが流れたし
映像というのかしら荒れ狂う海とかめっちゃ迫力
ラッセル・クロウっていつからあんなおっちゃんになったのかな
あっ、あんなおっちゃんなんだけど
「レ・ミゼラブル」のときも今回もいい俳優なんだけど。
「グラディエーター」や「ビューティフル・マインド」のときと違う人だよね
つい年明けにみた映画「プロヴァンスの贈りもの」の主役
私、コレ書くためにwikipediaするまでコリン・ファースだと思ってた
2006年の映画だからクロウは42歳10年前
劣化激しいよね~(
で、ちなみにファースは更にクロウより4歳上だって。
これはファースが若いってことかな(


君と歩く世界(2012年)
マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ
う~ん、じわじわっといい映画でしたよ
事故で足を失った女性と失業者のボクサーの話で
結構ヘビーな内容だしハッピーエンドになる話じゃないんだけど
それでも人間って気の持ちようで
現状は変わらなくても
なんとかがんばって生きていこうと思えるのだなって。
傍から見て問題なくても不満不平だらけの不幸な人もいれば
大変そうだなと思われても本人は淡々と苦痛を感じずに生きてる・・・
この差はなんなのかな
そんなことをしみじみ考えさせられる映画でした


まぼろし(2000年)
シャーロット・ランプリング、ジャン ブリュノ・クレメール
これは昔に観たことがあったけど再びです
フランソワ・オゾン監督の初期の作品かなっていうか
この作品でオゾンを知ったかな。
映画自体はなんか謎というか煙にまくというか
映像も含めてオゾンっぽい。
でもそれにしてもランプリングって
まぁオゾンの作品に複数でてるだけあって
雰囲気はたぶんあってるんだと思うんだけど
三白眼が怖いブルブルブル
「愛の嵐」のユダヤ人の役で有名だけど
ナチの制服の方が似合いそう・・・・・ブルブルブル


オーケストラ!(2009年)
アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ
これwikipedia読むまで忘れていましたが面白かったですよ
話自体はドタバタコメディなんですがね(
ソ連時代の体制の影響で今は清掃員として働く元天才指揮者が
パリでの公演のチャンスをつかみ(盗み・
今は様々な職業についている昔の仲間を誘い・・・
パリでの演奏にバイオリンのソリストを招聘
このロラン演じるスターバイオリニストと
グシュコブ演じる元天才指揮者には因縁のつながりがあって
いろいろむちゃぶりも多いけどおもしろかったです


カサノバ(2005年)
ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ
コメディ系で面白かったですよ
好きな俳優アイアンズがでてるし
レジャーは生前はあまり知らなかったけど
「ブロークバック・マウンテン」をみてから
もう彼の出演している作品には限りがあるっていうのが残念に思って。
マット・デイモンとの「ブラザー・グリム」や
実は昔にみていて印象にあった「ROCK YOU !」など
程度に差があるもののいい俳優だったのにと。
まあパリについで私が訪れた回数たぶん第2位のヴェネチアが舞台なので
それも楽しかったかな


ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン VOL.1(2011年)
ジェレミー・アイアンズ、フランソワ・アルノー、ホリデイ・グレインジャー
デヴィッド・オークス、ショーン・ハリス
こちらを参照
ファイナルシーズン(シーズン3)、シーズン2を経て(^^)


ボルジア家 愛と欲望の教皇一族 ファースト・シーズン VOL.2(2011年)
ジェレミー・アイアンズ、フランソワ・アルノー、ホリデイ・グレインジャー
デヴィッド・オークス、ショーン・ハリス
上に同じ


グランド・ブダペスト・ホテル(2014年)
レイフ・ファインズ、ジュード・ロウ
エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン
うーん、あんまり見る気がなかったのかしら
あんまり面白くないなっていうかワケワカランって思ったような記憶が(
ブログ書くためにwikipediaしたけど
世間的には高評価っぽいけど、更に“うーん”かな
ちゃんちゃん





振り返るとなかなか見ごたえある映画が多かった月じゃないかな(
単に私の好みに割りとフィット系だったってことかな
2014年10月のDVD視聴日記でした(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2016.01.27 Wed l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/425-70cbd71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。