上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




やっぱりなかなか忙しく(
もう少しリアルタイムに追いつきたいなと思っているんだけど(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・眺めのいい部屋うります
やっぱり熟練のいい味っていうかこのキスよくない



DVDレンタルの続きです(
2016年5月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



アリス・イン・ワンダーランド(2010年)
ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ
ティム・バートン監督作、うーん、そうだなー、
際立つ個性ととるのか代わり映えしないマンネリととるのか (
それにしても何度も言うけどボナム=カーターってこれでいいのかなー
バートンとパートナーになってバートン作品の常連になって
何度も言うけど「眺めのいい部屋」のイメージが。
実際も上品な家系出身のはずなのになー、もったいない(><)


ダメージ(1992年)
ジェレミー・アイアンズ、ジュリエット・ビノシュ
ルイ・マルの監督作で相変わらずアイアンズはいい味を出してるけど・・・
最近のビノシュっていい味出してるなと思うこともあるけど
この人ってどちらかというと地に足がついてるっていうか
力強い土着っぽいイメージがするから
なんだかアイアンズがあんだけハマるファムファタールっぽい要素がない・・・
もちろん最後にアイアンズが「普通の女だった」っていうみたいに
普通の女なのになぜかファムファタールになったっていうことでの起用ならば
めっちゃ人材適所ではあるんだけど(
それにしても息子の恋人のビノシュにハマるアイアンズは
ちょっと若過ぎだよね


SHAME -シェイムー(2011年)
マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン
表立っては仕事にエトセトラ順調なようで
セックス依存症で緊張した均衡で生きてるファスベンダーが住むNYに
ちょっとおかしい妹のマリガンが転がり込んでくることから
いろいろなところが綻んで破綻していくというか・・・
どうも子供の頃の親からの虐待とか近親相姦的な含みも持たせてだけど
本当に心は難しいね、どうでもいいことに固執したり
でもそこにトラウマがある人はどうしてもそこが気になるみたいだし
映画の登場人物の気持はよくわからないけど
本人的には人生破綻しても突き進んでしまう何かがあるんだろね(


エージェント:ライアン(2014年)
クリス・パイン、ケビン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ
内容アホみたいなんだけど
出てる人がまあまあ豪華だからか見れるっていうか(
それにしてもナイトレイはあの歯がトレードマークなんだろうけど
なーんか怖いよね。
顔もっていうか眉とか目とか濃いから、うーん、怖い。
それに私が思うアメリカ女性のステレオタイプっていうか
絶対自分は悪くない主張が激しく
めっちゃ権利を尊重しろとうるさいのに
レディーファーストというか女は守られるもの主張も激しい。
ウザいわ(


二ツ星の料理人(2015年)
ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、オマール・シー、ダニエル・ブリュール
最近料理人とか飲食店の地位が上がってるけれど
少し前はこういう粗野というのか言葉悪いけど下品な感じだったんだろうな。
今もやっぱりこういう雰囲気なんだろうな。
でもたぶん私の教室はいいけど店には抵抗ある感覚なんて
戦前の祖父母の時代感覚なのかな
ミラーはかなりイメージが違ってわからなかった。
ブリュールも「イングロリアス・バスターズ」や「ラヴェンダーの咲く庭で」みたいな
好青年装って嫌なヤツ臭がなくてだれだかわからなかった(


パーフェクト・ルーム(2014年)
ジェームス・マースデン、カール・アーバン、ウェントワース・ミラー
アホな中年の危機を向かえた5人組の仲間が
浮気などのためにフラットを共同で持ち
そこで起こった惨殺事件・・・・・
自分の欲望のためには友達も騙すヤツもいれば
中途半端に庇おうとしたりする人間もいたり
遊びで割り切ればいいのに愛されたかったり
大変だな~(


ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年)
モーガン・フリーマン、ダイアン・キートン
うーん、やっぱり安定の巧みさというか2人ともいい味出してる
永く住み慣れたアパートメントを階段がないから売る老夫婦の話だけど
キートン、いくつ若作りしてないんだけどかわいく見えるわ(
同じく老犬の手術なども同時進行で
これも感情移入しちゃう。
いい映画だった


アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年)
ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター
アン・ハサウェイ、サシャ・バロン・コーエ
↑上の2010年の「アリス・イン・ワンダーランド」の続編
まあ普通にエンターテイメントな映画って感じの映画かな
はじめのシーンのメークのせいかデップの劣化がって思ったけど
あとからは普通になったっていうかあれだけメークしてたら
いくらでもごまかせるよね




さあ、あと年末までにどれだけUPできるかな(
今年もラストスパートがんばります






ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2016.11.17 Thu l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/447-a35af9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。