FC2ブログ
人気ブログランキングへ ←コチラをポチッとよろしくお願いします♪




やっと2017年度に入った(
引き続きがんばっていきますよ(


過去の記事にご興味のある方は右の“映画DVD鑑賞”のカテゴリーからどうぞ



映画・インフェルノ
やっぱりこれかな



さあて再びDVDレンタルの続きです(
2017年1月分として借りた8枚を紹介

では、紹介行きま~す



幸せになるための恋のレシピ(2007年)
オドレイ・トトゥ,、ギヨーム・カネ
映画の紹介を読んで思い出した(
うーん、つまらない寄りのまあまあかな
トトゥにあんまり魅力を感じないから
感情移入というか興味が湧かないのかなー


インフェルノ(2016年)
トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、オマール・シー
ダン・ブラウンの「ダヴィンチコード」「天使と悪魔」の続編
これは本でも読んだけど深読みは難しい(
ハリウッド映画的にミステリー&アクション映画としてみたら
「さすが!ハリウッド映画()」
ただ映画らしく盛り上げるためか
役柄の立ち位置が違っていたりで終わりの話が違うかな
フィレンチェ行きたくなる


恋とニュースのつくり方(2010年)
レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン
Wikipediaみて思い出した(
悪くない印象が残っているけど詳細忘れてるー。
お嬢ちゃんヒロイン役のマクアダムスは底が浅いというのか惹かれなかったけど
キャリアある自分の足で立ってる役どころのはいい
フォードはあんな感じだしキートンは基本的に好きなので
この映画いい印象なんだけど・・・忘れてる(


恋するパリのランデヴー(2012年)
ソフィー・マルソー、ガッド・エルマレ、フランソワ・ベルレアン
うーん、普通にコメディーって感じだったかな(
ソフィー・マルソーなんやかんやいってお歳のわりにかわいいし
演技派っぽくないけど下手じゃないし人目を惹くし
ガッド・エルマレはそこその大物引き寄せる魅力を感じないけど
うーん、どこがいいのかな彼の魅力がわからん(
そして安定の悪い怖い人やらせたらNO.1のベルレアン(


ブルーバレンタイン(2010年)
ライアン・ゴズリング、 ミシェル・ウィリアムズ
なんか1度壊れちゃったものは修復できないんだなーと。
はじめからいろいろ無理があったけど
それでも恋に落ちてなんとかやっていけそうに思ったけど・・・
でもやっぱりよく言うようにつりあいって大事だなって。
ゴズリング演ずるドロップアウト男性
いいところもあったと思うし今もあると思うし
やさしいいい人だとも思うけど
志が低いというのか
まだそれほど老け込む歳でもないのに
髪の毛は薄くなってだらしなく太ってというかダラダラになって
ウィリアムズがいらだつのもしかたないなーって。
かつてのそして今もやさしいゴズリングにイラついてしまう自分を責めつつ
それでもやるせなくイラついてしまうウィリアムズ上手だなー。
みじめったらしいゴズリングもお上手。
楽しい映画じゃないけどよく出来た映画だった。


アウトロー(2012年)
トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、ロバート・デュヴァル
まあ、トム・クルーズのハリウッド映画(
なのでめっちゃ感動もないけれどまあまあ時間を潰せるというかつまらくもない(


マイティ・ソー(2011年)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン
ステラン・スカルスガルド、アンソニー・ホプキンス
王道ハリウッド映画
なので普通に面白い、趣味じゃないけど(
いつも私がタイプは「田舎っぽくない北欧系」と言っているので
友人に「ソー」のクリス・ヘムズワースはどうって聞かれるんだけど
彼はどうみたってオーストラリア人だから、違うから(


マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)
クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン
ステラン・スカルスガルド、アンソニー・ホプキンス
マーベル・コミックの他の作品とのコラボもあるみたいだけど
マイティ・ソーとしては前作に続き2作品目
話の内容の詳細は忘れちゃったけど
王道ハリウッド映画そこそこ楽しませてくれます




ブログを書くのが滞っていたので(
思い出しながらコレを書いているのでいろいろ忘れていますが
引き続き頑張ってブログ書いていきまーす(^^)







ブログランキングに参加しています。
下のバナーを1日1回押してくださると嬉しいです。

ブログランキングバナー ←ポチっとよろしくお願いします♪


ランキング登録しています
ポチっとしてくださると嬉しいです
2018.04.16 Mon l 映画DVD鑑賞 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://salondiio.blog24.fc2.com/tb.php/467-345e1f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)